投資信託否定派の意見はとてもためになる

僕は収入を給料だけに頼るのが不安で現在投資信託にも力を入れています。投資信託は現在の収入のためではなく、将来のための資産構築です。投資信託についてネットで検索すると意外と否定的な意見を多く見かけます。投資信託を積極的に取り組んでいる僕にとっても投資信託の否定的な意見はとても重要なものだと思います。今回は否定的な意見から投資信託を考えてみたいと思います。



9割が損する!?

投資信託を購入した人の9割が損をするという記事をみかけたという方のブログを拝見しました。残念ながら根拠となる記事は発見できませんでした。『話に聞くところ』『記事を読んだ記憶がある』などどれもなかなか明確なデータを記している物を発見することができず、正確なところは把握できませんでした。実際損をしていると言う方のブログは確認することはできますので損をしている人が皆無だということはないようです。
新聞記事で読んだという人もリーマンショック直後のような世界経済を直撃したものであれば、一時的に9割の投資信託が軒並み下落するという記事が書かれることもありうると思います。ですが、継続的に9割の人間が損し続けていることはないでしょう。

経済ジャーナリストにも否定派は多い

経済評論家・経済ジャーナリストの肩書きでテレビに出ている人の中にも投資信託を真っ向から否定している方をよく見ます。
代表的なのが荻原博子さんでしょう。彼女はそもそも投資自体を真っ向否定している貯金推進派の方で、デフレ経済が今後もデフレ経済は続く考えて現金を持っていていることが資産防衛になると考えられている経済ジャーナリストです。円安は家計にダメージを与えるので日本経済にはマイナスだという考え方の持ち主です。そして彼女の主張でおもしろいなと思うのが、株への投資だけは否定していないということです。なぜこのような主張をしているのかを少し見ていきましょう。
最近でも『投資なんか、おやめなさい』という本を出版しているみたいですね。タイトルから判断すると日本のデフレ経済は今後も続くと考えられているのかもしれません。読む気になかなかなれないのですが、ブログを書く身としては読まなければならないのかなとも思っています。

経済ジャーナリストが投資信託を否定する理由

経済ジャーナリストの投資信託否定派に投資信託へのネガティブな印象はとても似通っていて勉強になります。僕自身、確かにこんな投資信託には手を出しては行けないなと思いますし、あながち間違いではないと思います。

手数料

彼女のような経済ジャーナリストが投資信託を否定する理由は一番は手数料です。信託報酬などの手数料が高額なものを指して投資信託と言っている傾向にあります。否定派の方々が例に出す投資信託は軒並み信託報酬が2%を超えるような物ばかりです。

あまりにも信託報酬が高くて利益が上がるということはないというのが投資信託否定派の方たちの意見です。僕も信託報酬や買付手数料については極力抑えるということが大事だと思います。どれだけいい成績を上げている投資信託でも買付手数料がかかるものには抵抗があるし、信託報酬も1%を超えるとなかなか選択肢に入れることができません。

プロに任せても変わらない

多くの否定派の方に目立つ意見として、プロに任せたところで運用成績は良くはないということです。プロに任せて運用しても結局成果が上がっている投資信託はごく一部で殆どは成果すら上げられず消えていくというのです。
僕もこの点については間違いでないと思います。投資信託ではベンチマークという基準を設け、運営のプロがそれ以上の成果をあげようとするアクティブファンドと言うものが世の中に出回っています。アクティブファンドのほとんどが運用実績を上げられずに消えていってしまうというのも事実として正しいと思います。

否定的な意見はこの2つに集約

投資信託についてはとにかく『高い手数料』と『プロに任せるな』という2つに集約されています。僕もこの2つには大いに同意です。成績のためにしか働かない銀行マンを数多くみてきた自分に取っては、証券マン、銀行マンは信用できない人間の一人です。知り合いでも損をさせられた方を何名も知っています。

彼らの『儲かります』という声には耳を傾けたくないと思っています結局はプロであっても先のことは予測できないんですから、プロの方の意図が働く運用に投資するのは伸長にした方がいいと思います。

投資信託を否定する人は株・不動産を勧める不思議

荻原博子さんの場合、高い手数料を払って実績のないプロに運用を任せるくらいなら自分で株を買うべきだと主張されています。そのほうが勉強になるということです。
投資信託には否定的ですが、株は肯定的と言うのはなかなかおもしろいなと思います。僕は正直言うとこのあたりからは全く納得できません。リスク資産の否定ではなく、あくまで投資信託の否定に従事しています。株であろうが、投資信託であろうが下がる時は下がるのだからとことん現預金主義を貫けばいいのになと思います。おそらく株への投資は自分自身が行っているので否定出来ないのだと思います。
荻原博子以外にも投資信託を否定して、株式投資や不動産投資につなげるサイトがたくさんありました。不動産なんかは人口減少が起こるであろう日本に取って本当に投資対象として正しいのかは疑問が残ります。

否定派があげる投資信託は投資信託の全てではない

荻原博子さんはすべての投資信託を対象にしてお話をしている印象を持ちますが、すごく違和感を感じます。彼女が投資信託と言っているのは『アクティブファンド』と呼ばれるものです。ベンチマーク以上の成績をあげることを目標にしたもので、頻繁に売買を行うことから手数料も高くなってしまいます。2%以上の手数料を中心に話が構成されているのですが、もっと手数料が安いものは世の中に溢れています。一部の高額な手数料で実績を上げていない商品を対象に投資信託の全部を語るのはあまりにナンセンスではないでしょうか。
彼女はこちらの記事でも2%台のアクティブファンドを対象に投資信託のすべてを語っています。しかもちょっと間違ってます。なぜか投資信託は株からの配当を受けられないことになっています。意図的にそうしたのか知識がなく書いたのかはわかりませんが、かなり誤解を生む記事だと思います。
僕が投資しているものはインデックスファンドと呼ばれるベンチマークに沿った投資を目標としているもので、手数料は0.3%前後のものです。
荻原博子さんのまるで全部が全部2%の信託報酬がかかるような書き方は良くないと思います。

まとめ

否定派の意見は決して間違いではありません。正しいことをおっしゃっている部分もたくさんあります。ですが、投資信託全てにこの批判が当てはまるかというとそれについては疑問が残ります。
投資信託を推進しますとは言えませんが、批判的な意見は勉強にはなるけどかなり偏っているなぁと思い今回記事にさせてもらいました。
スポンサーリンク
広告