後悔したくないのでマイホーム買いません!

僕は将来のことを考えて家を買う計画を練ろうと思っていました。ですが、家を買うというのは人生の中でも大きな決断の1つと言えると思います。大きな決断をするのに感覚だけに頼るのはよくないと思い、家を買う前にお金については勉強することにしました。結果、お金がないのに家を買うべきではないという結論にたどり着きました
僕は家を買わない決断をしてから投資について勉強したのではなく、家を買うことも考慮してお金について勉強した結果家を買わないという結論に至りました。もちろん家を買うことがだめだといっているわけではありません。現在の資産ではとてもではないですが、僕はリスクを背負えないと判断したまでです。

今後はどうするのか?

家に関しては現状では住むために購入することはありません。おそらく現在の状況が続くようであれば今後も買うことはないでしょう。買うとすれば一括で購入しても余るほど十分の余剰金が準備できたときに初めて購入を検討することになると思います。今の頭金を払って終わってしまうような少額の資金では買うことはありえません。
ですので、おそらく今後は賃貸中心の生活をすることとなると思います。不動産はやっぱり経費、管理など様々な方向性から考えても賃貸で過ごすのが一番なような気がしています。
我が家の場合、稼ぎ手が二人で何とか生活している状態です。もし一本何らかの原因で柱が折れてしまった場合、生活を維持するためには家賃を下げなければなりません。マイホームだと安い物件に引っ越すなど生活の維持のための選択肢が一つ無くなってしまいます。今の収入の状況でマイホームを抱えるというのは大きな負債を抱える以外何物でもありません。

お金はどうするのか?

今後は一定の余剰資金以外はすべて投資信託に回していくことにしました。一定の現預金は置いておかないと不測の事態が起こったときに対応できなくなってしまうので手元には必要だと思います。もし投資信託にしていれば下がっている可能性も0ではないのでその点のリスクは回避しておきたいですからね。
リスク分散を考えて一気に投資信託を買わずに積み立てていこうと思います。また、サブプライムのような景気の後退で急落したときに一気に投資できる資金も準備しておきたいと思っています。サブプライムなどの株価の急落が起こることを投資家たちはバーゲンセールと呼んだりしているようです。大幅に株が売られてしまい、株価が割安な状態になってしまうためこのように読んでいるんですね。

持たない生活

今後はいかに物を所有せずに生きていくのかが重要だと思っています。無駄なものを持ちすぎると無駄なものを整理する時間がとられてしまいます。また、無駄なスペースも取られるため、無駄に広い家に住まなければならないということにもなります。物は極力減らせば、狭い家でも広々と生活が送れます家族3人であれば50平米もあれば生活できるのではないかと思います。
実家を見ているととにかく荷物が多いです。家族も多かったのである程度多いのは仕方がありませんが、何十年も前の学生服が置いてあったり、使わないギターが放置されていたり、今後一生使わないであろう無駄なものの山でした。

まとめ

もちろん自分の思うようなマイホームにこだわるのであれば、自分だけの不動産の価値が生まれるでしょう。ですが僕は余分なお金もないし、勝手な予想ですが不動産にはあまり前向きではありません。
一世代前まではマイホームを買う生活が一つのステータスとなっていました。家を持つことが一つの大きな目標の時代だったのだと思います。
ですが時代は大きく変わり、今後は少子化で急激な人口減少が予想されます。過去の不動産価格の推移をみても不動産は人口に大きな影響を受けています。人口減少で住む場所は今後もあふれかえっているのに、税金対策とたきつけられてマンション等の集合住宅の着工件数は右肩上がりです。空き家問題と言われているのにたいした対策にはいまだに乗り出していません。政府も特に対策をとっていないため、僕は勝手に不動産の価格は今後も上がることはないと思っています。
無理して家を買わない方が幸せに暮らせるのかもしれません。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告