マイホームで後悔をしない方法は買わないこと

僕は将来のことを考えて家を買う計画を練ろうと思っていました。

でも一生に一度の買い物を安易に決めてしまうのはいかがなものかと思いました。

みんなが買うから家を買うというのもおかしいんで、一度家を買う前にお金については勉強することにしました。

僕は結局マイホームで後悔しないためには、マイホームを買わないことだと結論付けました。

マイホームの歴史や複利、諸経費など、勉強すればするほどマイホームは無理して持つべきでないと感じました。

⇒『持ち家派?賃貸派?僕が賃貸派である理由(経費編)

⇒『意外と知られていないマイホームの歴史



収入に沿った家に住む

僕は今後もマイホームを買うことはないと思います。

ゆとりが出ればいい家を借りるだろうし、お金が無ければ無理に引っ越しはしないでしょう。

もし買うなら、住宅ローンを組んでは買わないと思います。

住む家を買うのは投資ではなく消費だと思っています。だから借金はせず、十分な余剰資金が出来てから検討します。

とりあえず今後、数十年は賃貸でのんびり投資をしていこうと思います。

もう7,8年賃貸で住んでるんですが、めっちゃ気楽です。排水が詰まれば大家さんに電話をすれば直してくれるので不動産への修繕費などもあまり気にすることがありません。

夫婦で支えている家計の柱が一つ折れれば、安いマンションに引っ越せばいいし、無理をする必要がない生活を送っています。

住宅ローンの代わりに投資する

我が家の方針は無借金家計です。今後も家計では無借金を貫きたいと思います。

住宅ローンも借金なので、組むことはないと思います。

住宅ローンを組まない代わりに、家賃はかかります。でも家を所有するよりは負担が少ないと思います。

余ったお金は数ヶ月の生活費を覗いてすべて投資にまわすことにしました。

住宅ローンを組んで投資するという手もあるというFPもいますが、たいてい住宅ローンが借金だとは思っていないのでお気をつけください。

借金して投資を勧めるって僕はできないですねぇ。

投資に回すのは数ヶ月分の生活費を覗いてすべて投資に回したいと思っています。今はまだ3分の1も投資に回せていませんが、臆病者なのでドルコスト平均法をとって投資していこうと思っています。

サブプライムのような大暴落のために少しまとまったお金は置いておこうか悩んでいます。

持たない生活

今後は無意味にたくさんの持つ生活はやめていこうと思っています。

ものをたくさん所持するのは、場所代や管理費がかかります。

家を持つと余計なものまで保有してしまう傾向にあるので、賃貸で不必要なものは処分して必要以上にものを持ちすぎない生活をしていきたいですね。

物は極力減らせば、狭い家でも広々と生活が送れます。家族3人であれば50平米もあれば生活できるのではないかと思います。

持ち家である実家を見ているととにかく荷物が多いです。

家族が多かったので仕方ないんですが、何十年も前の学生服が置いてあったり、使わないギターが放置されていたり、今後一生使わないであろう無駄なものが山のように積まれています。

終わりに

当たり前ですが、マイホームを後悔している人はみなマイホームを買っています。

ですが、マイホームは贅沢な消費活動です。お金があって好きな家に住みたい人は買えばいいと思います。

ですが住宅ローンを組むのであれば、賃貸生活も考えてみてはいいのではないでしょうか。

一世代前まではマイホームを買う生活が一つのステータスとなっていました。

家を持つことが一つの大きな目標の時代だったのだと思いますが今後もステータスになるかは疑問の残るところです。

これからはわざわざ借金をしなくても簡単に中古不動産が手に入る時代になるかもしれないですよ。

まあ、無理して家を買わない方が幸せに暮らせるのかもしれません。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告