ヨドバシ好きでも電子書籍『Doly』が主要の電子書籍とはならない理由

最近は購入する本のほとんどが電子書籍になりました。去年一年に買った本のなんと9割以上が電子書籍でした

⇒『2017年に買った本の数を集計してみた

電子書籍のメリットが大きすぎて、どんどん紙の本を買わなくなっています。もちろん電子書籍にもデメリットはあるのですが、それ以上にメリットが多くて買う価値を感じています。

⇒『電子書籍は勉強に使用することができるのか

デメリットの部分もほとんど技術的にはクリアできることだと思っています。ただ、まだまだ出版業界などが電子書籍に乗り気でないため、遅れが発生していると思います。



電子書籍の9割以上がKindle

書籍の殆どを電子書籍では買っていますが、その電子書籍の9割以上がAmazonの『Kindle』で買っています。

ヨドバシ・ドット・コムの電子書籍サービスの『Doly』も併用しているんですが、それでもほとんどKindleを使います。

昔からAmazonのサービスに対抗しようと奮闘しているヨドバシ・ドット・コムをすごく応援しています。実際、買い物の何割かはヨドバシドットコムを使っています。

⇒『頑張ってほしいサービス、ヨドバシ.comの電子書籍『Doly』

個人的にヨドバシを応援していても電子書籍はDolyをほとんど使うことがありません。

それだけKindleが圧倒的に優れているから、自然とKindleで本を買ってしまうのです。。

Dolyの残念なところ

では具体的にどのような点でDolyがKindleに劣っているかを書いていこうと思います。

電子書籍端末がない

『Doly』のサービスが始まってからずっと残念に思っていることは電子書籍端末を発売しないということです。

Kindle Paperwhiteを普段使用しているのですが、端末のメリットは凄く大きいです。光が強すぎないし、大きさも文庫本サイズですごく読みやすいです。
実際使っている人に話を聞くと一番良くわかると思うのですが、とにかく電子書籍端末はすごく本を読むことにとても優れています。

『Doly』はアプリだけリリースしていて今のところ端末の発売は予定していないようです。
アプリの機能に関してもKindleと比較すると反応速度も遅く、マンガなどの解像度も若干悪いような気がします。

スピーチ機能を利用できない

電子書籍端末が発売しなくてもiPhoneの『スピーチ』を使えるんだったら移動中に聞く本は『Doly』で買うのもありだなと思ったのですが、残念ながら『スピーチ』には対応していませんでした。

実験しようと思って1冊購入したのですが、『スピーチ』は使用することができませんでした。

⇒『意外と知られていないiPhone、iPadの超便利な機能『スピーチ』

つまりDolyでは電子書籍をスマホやタブレット、パソコンなどのとても明るくて目の疲れる物でしか読むことが出来ないのです。

『スピーチ』機能だけでも使えるようになれば2,3割はDolyで買うと思います。

情報が圧倒的に少ない

みんな電子書籍といえば『Kindle』という状態になっています。電子書籍がでた当初は『Kobo』も少し頑張ってはいたんですが、今では圧倒的に『Kindle』ユーザーが多いのではないかと思います。
特に『Doly』は利用者が少ない為か、ネットで検索してもほとんど情報が出てきません。

実は今もiPhoneで『Doly』を使おうとしても、何故か真っ暗になってしまって読めなかったので、ググってみたんですが、『Doly』自体の情報をネットに流している人の数が少なすぎて、何ら対処法が見つかりませんでした。問い合わせもしてみましたが、まさかの無視を食らってしまいました。

多分今はもう殆ど力を入れていないんだと思います。

まとめ

最近iPhoneで『スピーチ』を使って本を聴くようになってから更にDolyを使うメリットが更になくなってしまいました。
もうKindleとは規模が違いすぎて勝負にはならないのかもしれません。

現状で『Doly』を利用するメリットはポイント還元率が高いことくらいです。つまり、ヨドバシ・ドット・コムなどを頻繁に利用する人にしかメリットがないのです。
ただ、そのメリットを打ち消すほどにKindleは優れていると思います。『スピーチ』が使えるようになるだけでも随分と状況は変わるでしょうが、今はまだDoly自身大きな動きを見せていません。

電子書籍をもっと多くの方が読めるようにするにはKindleへの対抗馬は絶対に必要です。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告