IIJmioの良い点、良くない点

格安SIMに乗り換えて2年ほどの月日が経ちますが、格安SIMにして「困った!」とか「失敗した!」と思うことはほとんどありません。むしろ変えて良かったと思うことしかありません。



IIJmioのレビュー

今回は半年ほど使用しているIIJmioについての個人的に思った良い点と良くない点について書いて行こうと思います。
なるべく格安SIMに共通していない、IIJmio独自の部分を中心に書いていきます。

良い点

ファミリーシェアプラン

IIJmioの最大のメリットといっても良いのがファミリーシェアプランだと思います。ファミリーシェアプランの場合、最大で10枚までSIMカードを発行できます。スマホ以外にタブレットやキンドルなどの電子書籍などSIMカードは入れたいけど使用頻度は低いというものにも気軽に使用できます。
我が家では夫婦二人で分け合っています。使用状況は現在はスマホがそれぞれ一台ずつなんですが、タブレットも一台追加する予定となっています。

低速モードへの切り替え可能

今月はパケットを使いすぎているなと思った場合は、アプリを使用して低速モードに切り替えてパケット消費を制限することが可能です。
普段は低速モードにしておいてできる限りパケット消費を抑えて動画を見る時にだけ解除するという使い方も可能です。
一度もピンチになったことがないため使ったことはないのですが、便利な機能だとは思います。

実店舗で契約可能

IIJmioはごくわずかですが窓口も設けられています。郵送やネットでのやり取りが面倒と感じる方にはオススメできる方法です。しかし、対応してくれるのは契約や解約のみであるため、それ以外の質問などは受け応えは一切できません。
窓口があるというのは我が家がIIJmioにした決め手の一つでもあります。電話番号の引き継ぎ(MNP)などもあったため、できる限り簡単に契約をしたかったんですよね。

docomo、auの2種類回線の取り扱い

IIJmioはdocomo回線以外にもau回線の取り扱いを行なっています。
つまり、docomoユーザーをauユーザーも携帯電話を買い換えることなく契約することが可能です。
ただ、どちらの回線も同時に使用できるというわけではなく、契約時にどちらの回線を利用するかを選択しなければないりません。

カケホーダイライトプラン

定額1回の通話につき3分(600円税抜き)か10分(830円税抜き)のカケホーダイをオプションでつけることができます。
docomoの提供しているカケホーダイライトプランに似た契約ですね。本家docomoでは1200円で5分以内のため、かなり割安で使用することができます。

悪い所

docomo回線は他社と比べて通信速度は少し遅め

docomo回線しかわからないのですが、回線速度は遅い思います。以前契約していたnifmoと比較をすると遅いなと感じる場面が多いような気はします。
実際ネット上でも回線速度は不安定という声も少なくありません。

ファミリーシェアプランの契約者は一人

ファミリーシェアプランで複数のSIMカードを発行することができるのですが、SIMカードの名義人は同一名義人となります。

プランが少ない

IIJmioはプランが非常に少ないため、利用用途からプランを選ぶというのが少し難しくなっています。

悩まないで済むとも考えられるので、メリットとも考えられますが、個人的にはもう少し細かくプランを設定してほしいかなと思っています。

ネットで出てくる気になる情報

ネットの評判で一つ気になったのが、『コールセンターの対応が悪い』ということです。僕自身コールセンターを利用したことがないので体験などをかけないのですが、多くのコメントでコールセンターの対応が指摘されているということは問題はあるのだろうと思います。
低価格で提供している格安SIMの場合はコールセンターの対応が悪いというのも珍しくない話です。

こうしてほしい

ファミリーシェアプランはすごく便利で夫婦揃って利用させてもらっています。ほとんど満足なのですが、こうしてもらえるともっと満足出来るのになという願望もあります。

余ったパケットの有効活用

我が家は夫婦二人で使用しているため、必ずと言っても良いほど容量が余ってしまいます。
余ったパケットは翌月にくりこせるのですが翌月も同じく使い切ることがないので、今では月初めには20Gも使用することができる状態です。
ファミリーシェアプランは10Gからしかないため、どうしてもパケットが余ってしまうんですよね。
毎回余らせてしまう僕はかなりもったいないことをしてしまっているんですよね。そこで余ってしまったパケットの買取など無駄にならないサービスを実施してほしいです。マイネオが行なっているフリータンクのような大勢の人に提供できるようなサービスでも構いません。
ただただ無駄に多すぎる容量の契約は損をしているだけですからね。

プランの充実

プランが少ないこともあって自分に合ったプランを少し見つけにくいと感じる人も少なくないでしょう。
我が家もその一人だと思います。ファミリーシェアプランはありがたいが10Gはちょっと多いと思っています。もう少し少ない8Gプランがあれば一番ありがたいです。

まとめ

格安SIMを選ぶときにIIJmioは選択肢の一つとして考える価値はあると思います。
初めて格安SIMに乗り換えようと考えている方にはオススメな格安SIMの一つだと思います。
僕個人としてはIIJmioに大満足とまでは言いませんが十分に満足しています。ただ、もう少し目を惹くサービスがあればもっといいのになと思っています。オーソドックスで使いやすい反面、面白みにはちょっと欠けるかなという印象です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告