お金を借りるリスクを考えよう

経済が回復していてもまだまだ給料への影響は少なく、物価の上昇についていけない状況が続いています。僕も物の値段が高くなっていることは実感していても一切給料には反映されていない一人です。
僕が調べた時点ではgoogleで『お金」と入力すると2番目には『借りる』というワードが出てしまう悲しい状況です。僕はお金を借りるということは破滅に向かう一歩だと思っています。
今回はお金を借りるということがどういうことなのかを少し書いていきたいと思います。今回は消費者金融やカードローンについて書いていきたいと思います。



高すぎる金利

消費者金融の金利は10%を超えるものばかりです。高ければ最高18%というめちゃくちゃな金利をとっています。これをむちゃくちゃに高い金利だと感じていなければならないと思います。
どれだけ高いかというと、住宅ローンと比較すれば一目瞭然です。住宅ローンは住宅ローンは現在かなり安くなっていて1%を切ることが珍しくない状況です。3000万円借りたとしても初年度の金利は30万円程度になります。返済はしているので実際支払う金額は30万円には達しません。一方でキャッシングや消費者金融では15%程度の金利がかかります。100万円に対して年間15万円もの金利が借るのです。平均年収程度でも300万円も借りてしまえば返済に四苦八苦するのは目に見えています。
お金を返しても返しても返済額が一向に変わらないというのはこの高すぎる金利にあるのです。100万円の返済は月々1万円の返済しても利息すら払えないのです。
闇金ウシジマくんのような『トゴ(10日で5割)』ですが、あんな金利ありえません。一瞬でパンクします。

用途

お金を借りる用途は様々だと思います。生活費の人もいればギャンブルの人もいると思います。中には商売で借りているという人も少ないかもしれません。ですがそのすべてにいえることは、用途は何であれ借りてはいけない金額だと言うことです。年利15%で借りようとしている限り、どのような用途であっても返済し続けるすることは困難です。ある芸人さんは300万円までは返済できると言っていましたが、300万円でも僕はかなり厳しいと思います。おそらく借りたものは責任を持って返済しろという意図で言ったのだと思いますが、300万までなら借りても何とかなると思わせてしまうのではないかと思います。

投資のためにというのも非常に甘い考え

たまに投資のためにお金を借りたという話を聞きますが、これは絶対にやってはいけないことです。投資をする場合は大体利回りがどれくらいなのかを計算します。不動産であっても投資信託であっても利回りが年間平均で10%を超えると僕はかなり疑わしいとおもってしまいます。
世界最高の投資家ウォーレンバフェットですら年間平均利回りは20%を少し超えるくらいです。おそらくプロと呼ばれる投資家でも年間の利回りは15%を超えているというのは珍しいのではないかと思います。素人が金利15%でお金を借りて平均して年間15%以上をたたき出し続けることはほぼ不可能と思ってもいいでしょう。
中には信じられない利回りを信じて投資をする方がいますが、一度思いとどまり勉強したほうがいいでしょう。

割高で購入

キャッシングして物を買うというのは、割高で品物を買っているということです。
100万円の買い物を買い、1年間かけて返済した場合、全部で108万円程度支払わなければなりません。100万円で買ってはいますが、108万円で購入しているのです。2年かけると同じ金利であっても2倍の16万円の金利を取られてしまうのです。期間が延びれば返済金額は安くはなるのですが、元本の返済額が減り、金利の返済額が増えていくのです。
返済期間が長ければ長いほど、商品を割高で購入しているのです。これは住宅ローンにも言えることです。昔は20年で返済していたものが最近は35年で計算されています。現在金利が安いため、それほど問題は出ていませんが、今後金利が上昇してくると支払えなくなる人は間違いなく増えていくでしょう。

感覚のマヒ

お金を借りるというのが今は本当に簡単にできてしまいます。キャッシングをしている人はキャッシングしたお金はまるで自分の銀行口座からお金を出金したと錯覚している傾向にあると思います。実際の話を聞いてもみんなお金を借りるという感覚がマヒしているのを感じます。
最近はもしかしたらそんなことはないのかもしれませんが、ショッピングモールに行くと銀行のATMと一緒にキャッシングのATMが並んでいるのを見ると錯覚させようという意図が働いているとさえ感じてしまいます。

まとめ

お金を借りるというのはとても危険なことです。借りる前にまず家計を見直したり、本当に必要なお金なのかを問いかけてお金を借りずに済む選択を選ぶようにしましょう。
借金で首が回らなくなるとお金のことしか考えられなくなります。そうなってしまうとぎりぎりまで粘って最終的には破産をする道をたどってしまうのです。
お金を借りるということはそれだけリスクのある行為であるということを知ってほしいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする