タバコを辞めて思うお金の使い道

※今日書くことは喫煙者の方は気分を害する可能性があります。気持ちよくタバコを吸いたい方にはおすすめしない記事です。
学生時代にタバコをめちゃくちゃ吸っていました。毎日多いときで2箱、平均して1箱は吸っていたような気がします。その代わりお酒はそれほど飲みませんでした。

今でもそうですがお酒はビールを1杯も飲むと十分なほどに酔うことができるほど弱いです。昨日も350ml缶よりも小さい250ml缶でちょうどいいくらい酔いました。しかも毎日飲むわけでなく、年に10回も飲むかわからない程度です。

タバコかれこれ6年、7年位にやめました。当時本当にお金が無くてきりきりまいだったので泣く泣くやめましたが、今ではお金がない時にやめておいてよかったと思っています。



投資信託を始めて思う嗜好品とお金

今年から僕は投資を始めて痛感することがあります。タバコなんて吸わずにそのお金を投資に回しておけばよかったと。

投資とは投資信託のような資産運用だけでなく、本を沢山読んだり、勉強をすることも含まれます。
当時はほぼ小説しか読んでおらず勉強するために本を読むということはほとんどしてきませんでした。

僕がタバコを吸っていた当時、マイルドセブンが300円だったと思います。
1日一箱として計算すると10万9500円も手元に何も残らないタバコに使う計算になります。今の僕の小遣いの◯ヶ月分。。。学生時代はタバコのために1ヶ月アルバイトをしていたことになります。労働時間にして年に約100時間はタバコのために時間を売っていたわけですね。
10万円あればパソコンが買えるし、本を買うには十分すぎるお金を年間使うことができました。100時間あれば、映画にして50本、簿記3級を合格できるだけの時間はあります。

お金の勉強を始めると、タバコに使うお金がいかに無駄遣いであったのかがよくわかりました。

いまタバコを吸っている人は今すぐに辞めたほうがいい

タバコにはリラックス効果があるとか特にお金に困っていないからとかなんやかんや言い訳しながらタバコを吸い続ける人を僕は何人も知っています。

タバコは1日数本に抑えることが出来て、嗜好品として楽しむのであれば否定するつもりはありません。でも問題は惰性の部分があまりにも多くを占めるということです。タバコを吸う人の多くはニコチン中毒で、1日に何本も吸わなくていいタバコを吸ってしまうんじゃないかと思います。僕は正直8割は惰性で無駄でした。

現在一箱は約450円程度です。もし一日一箱吸っていると16万4250円もの出費になります。月にして13687円。
喫煙していた時は惰性で吸ってしまうことをコントロールできませんでした。
本当に『うまい一服』は一日一箱吸っていても数本だったと思います。

金欠の喫煙者は同情されない

僕は節約したくてタバコを辞めました。タバコを吸いながらお金がなくて困っているという人を見ると矛盾を感じてしまいます。

そりゃタバコに火をつけながらお金がないと言われても説得力がないんですよね。『たばこやめれば?』と言ってもほとんどの場合はだんまりです。おそらく『うざい』と思われているんだと思います。

タバコを吸っている時の金銭感覚

僕が問題と思っているのは嗜好品の範囲を超えた『惰性』という部分です。中毒性があって無駄な喫煙をしてしまう以上はタバコをやめるべきだと思っています。

一日一箱の場合、年間で約16万円のうちの8割とすると約13万円分は中毒性にかられた惰性の喫煙をし、残り2割の約3万円分が『うまい一服』のための費用でした。意味ある3万円のために13万円をドブに捨てているのはあまりにももったいないと今の僕は思っています。

喫煙していた当時は意味のあるお金の使い方ということを考えたことがありませんでした。惰性でタバコを吸っていても無駄と感じることはありませんでした。

医者が健康面でどうこう言うのはどうでもいい

医者は好き勝手言うと思ってます。健康を害すると言うデータも果たしてどうなんだと思っています。タバコをやめて医療費を減らすとか言いながら、禁煙外来を作って商売にしているのには強い違和感を覚えます。

真剣に医療費を減らしたいと思っているなら禁煙外来なんか作って金とるな!と思います。健康被害をあおって禁煙外来に通わせるのは金儲けの手口以外何物でもないと思います。

また、禁煙で病院に通う他力本願の人は多分殆ど失敗に終わると思います。タバコは意思の問題ではないと言われていますが、最終的には意思の問題だと思います。

金があれば好きなだけ吸えばいい、金がないのに吸うのは…

健康面云々は都合よくデータを利用されている可能性があると思っているので、あまりあてにはしていません。

お金の面で言えば、もっと賢い使い方をしていく方法が間違いなくあります。お金に不安を感じる以上は喫煙という使い道はやめるべきなんじゃないかと思っています。

マナーをきちんと守るのであればお金がある人限定でタバコはいくら吸ってもらってもいいですよね。むしろ税金をたくさん落としてくれているのでありがたい話です。

まとめ

僕はタバコを吸うお金がなくなってタバコを辞めれたので良かったです。もしお金に困るようなことがなければ、お金の勉強もせず喫煙も続けていたかもしれません。

喫煙一つとっても、消費と投資という根本的なお金の意識をつけられるようになれば意識が大きく変わるのではないかと思います。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告