エースコンバット7をクリアした感想

ここ最近めちゃくちゃばたばたと忙しかったのですが、ストレス発散にゲームは少しプレイしていました。発売と同時購入したエースコンバットもなんとかクリアすることができました。

なかなかゲームできなかったんで、プレイ時間の割にはクリアに時間がかかりました。とにかくクリアはできたので簡単ではありますが、感想を書いてみたいと思います。



クリアした難易度とクリアまでのプレイ時間

クリアしたのはオーソドックスなストーリーモードです。難易度はノーマルでプレイしましたが、なかなかの難易度で後半は結構難しかったです。ですが、難しすぎて歯が立たないというわけでもなく、絶妙な難易度になっているなと思いました。

後半は狭い部分を飛び回らないとダメだし、時間制限もシビアになってくるので、何度も失敗しました。それでも飽きっぽい僕でもクリアまで続けることができました。

クリアまでの飛行時間を確認してみると、11時間ほどでした。何週間もかかっていたので、もっとやり込んでいるような気でいましたが、意外とプレイ時間は短かったです。

クリア後の要素

クリア後も登場していない戦闘機がまだまだたくさんあるので、しばらくは遊べそうです。コンプリートするまでは相当かかるんじゃないかと思います。そのほかにも、マルチプレイで遊べるので、やりだすと相当長く遊べるんじゃないかと思います。

ストーリーモードはクリアしてしまうと少し飽きてくるんですが、ネット対戦は不思議と飽きないんですよね。

モンハンなんかも結構遊べましたからね。

今は忙しいのでマルチプレイは封印していますが、時期を見て遊んでみたいと思います。

残念だった点はグラフィックの粗

買ってすぐは久々のエースコンバットだし、グラフィックの進歩にすごいと感心していました。雲の中を飛ぶ感じが空との一体感はかなり向上していると思います。

何時間もプレイしていてもやっぱりすごいと思います。ですが、長時間遊ぶに連れて、徐々に粗も目立つようになりました。

例えば墜落時の炎や水しぶきはあまりリアルではありません。戦闘中はいい感じなのに、墜落すると一気に現実に引き戻されるような感じがします。

ここまでいいものを作っているのだから、細部にもこだわってほしかったなーというのが正直なところです。

終わりに

PlayStation4を買って思うのはゲームがどんどん進化しているということです。そりゃあe-Sportsも話題になりますよね。フライトシューティングはあまり新作が出ていないので、エースコンバットがe-Sportsの仲間入りをするかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告