銀行への就職は正しいか?

ここ数年、銀行員と結構関わりの深い職場にいます。一般的には銀行員は立派な職業とされている仕事の1つです。大学生の就職希望ランキングでも上位を行く銀行も少なくありません。
銀行員を描いたテレビドラマ『半沢直樹』は最終回で視聴率42.2%を叩き出すほどの大ヒットを記録しました。もしかしたら半沢直樹のような銀行員に憧れた就活生もいるのではないでしょうか。
ですが、実際それほど華やかな世界とは決して思えません。僕は銀行員の方達をむしろかわいそうだと感じています。特に地銀、信用金庫などは本当に過酷な状況で働いています。
ということで今回は僕が銀行員を進めない理由というのを書いて行きたいと思います。



割高商品

今の足で稼ぐ銀行営業マンの取り扱っている商品はかなり悲惨です。以前の記事でも簡単に触れましたが、銀行員の持ってきた信託商品はまあひどいものでした。
信託報酬が割高な上に買付手数料はべらぼうに高い、ネットではまず売れないであろう代物でした。おそらく銀行員もそんなことはわかっていることでしょう。それでも割高な商品を勧めなければならない銀行員は本当にかわいそうです。親族を頼ってでも数字を集めようとしている姿を見ると本当に泣けてきます。
もし本当に素晴らしいと思って販売している銀行員がいるとしても勉強不足の銀行員からは買わないほうがいいと言えるでしょう。

銀行員の持ってくる商品が損する理由

銀行員が必死に販売している金融商品は損をする商品が多いです。彼らが必死に営業をかけて販売する商品は数字のためであったり、売れ残り商品である可能性が非常に高いのです。いいものだから販売に力を入れている銀行員はおそらく皆無ではないかと思います。例えば高利子の定期預金、低金利の住宅ローンは必死に営業をかけることはありません。
もちろん中には本当に会社を助けたいと考えて必死で融資を工面してくれる優しい銀行員もいるでしょうが、ほとんどは数字のために資金の潤沢な不渡りが出ない優良企業のみに貸し付けているというのが現状でしょう。『半沢直樹』でも資金繰りが悪化した町工場からさっさとお金を引き上げる銀行員が描かれていましたが、あながち嘘ではありません。
資金回収をする銀行員もまた心が病むのです。
数字のために命を削る銀行員という現状はとてもお客さんのことを真剣に考えられるような状況ではありません。

ほぼ保険屋さん

僕の知り合いは新卒で地銀の銀行員になりました。彼は入社してしばらく経つと保険屋顔負けの銀行員へと変貌していました。口座や定期預金くらいなら協力するよというと「数字にならないからいらない」という返答でした。
「節税になるから保険に入りましょう」と社長ばかりを狙った保険屋さんとなっていました。
また、融資の相談も受けないとのこと。理由は同じく「数字にならないから」。金融機関に勤めて保険を販売させられるなんて考えもしなかったと思います。ですが、これが実体です。

恐怖のGPS

銀行では営業マンをすでにGPSで管理をしています。一箇所に止まる時間が長かったり、営業ルートで無駄な動きがあると指摘されるのだとか。これを聞いてもなお銀行員になりたいと思う人がいるんでしょうか。
GPS管理は人権侵害、プライバシー侵害ではないのかとさえ思っています。ですが、司法は勤務時間帯のGPS管理を認めてしまいました。つまり公に勤務時間帯の奴隷化を認めてしまったということですね。勤務時間帯であればトイレの時間まで監視してもいいということなのでしょう。
銀行では営業マンは数字がよければサボってもいい時代は終わりました。勤務時間帯は銀行様のために命を削って働けという時代に変わった象徴でしょう。

WindowsXP!?

少し前にはなるのですが、銀行を訪れた際に何気なく銀行窓口のパソコンに目をやった時、スクリーンセーバーには『Windows XP』の文字が浮かんでいました。
少し前とはいってもXPの保証が切れてからの話です。人様のお金を扱う銀行で、こんなにもセキュリティ意識がないのかと驚愕しました。

まとめ

ここまで書いたことはすべての銀行にあてはまるわけではないと思います。ですが、これらの話はすべて実際に見たこと聞いたことです。どんどん痩せて最後にはやめてしまった銀行員の姿も見てきました。まだまだ昭和の香りが残る銀行はたくさんあります。多くの銀行が15時までしかオープンしていないのも古い体質が捨て切れない象徴です。
働き手不足の社会、しっかり立ち止まって考えるのもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする