持ち家派?賃貸派?僕が賃貸派である理由(資産運用・投資)

前回は持ち家派か賃貸派かということを経費の観点から記載しましたが、今回は資産運用や投資の観点から考えてみたいと思います。

⇒『持ち家派?賃貸派?僕が賃貸派である理由(経費編)



投資面

投資の世界では『卵は一つの籠に盛るな』という格言があります。

リスク回避をするためには一点集中投資ではなく、分散投資をしなさいという意味の格言になります。

投資の世界では一点集中の投資はとても危険な投資方法として敬遠されています

投資家たちのポートフォリオは不動産や現金だけでなく株や債券、最近では仮想通貨などに分散されている事がほとんどです。

マイホームを投資と考えているのであれば、それはまさに一点集中投資となります。

一箇所の不動産に投資を集中させているということで、非常にリスクの高い投資方法に当てはまってしまうのです。

もちろん必ず値崩れするというわけではありません。ただ、マイホームの一点張りの投資はギャンブル要素が非常に高いと言われても仕方のないことなのです。

投資を始めてからはこの感覚が強くなったこともあり、借金をしてマイホームを買おうと思えなくなりました。

キャッシュを生まない

ロバートキヨサキ氏の『金持ち父さん貧乏父さん』ではマイホームは資産ではなく負債と表現されています。

少し極端な言い方と感じるかもしれませんが、ロバートキヨサキ氏はキャッシュを生む不動産を資産と表現し、キャッシュを浪費する不動産を負債と表現したのです。

以前にも少し書いた部分ではあるのですが、住宅は収入(キャッシュ)を生みません。

収入(キャッシュ)を生まないだけでなく、維持費な税金の支払いをすると考えればキャッシュを浪費する負債であると言えるのです。

しかも日本では今後、人口が減少していくため、手放そうと思っても手放せない状況はどんどん悪化していくのではないかと思っています。

最近は所有権放棄ができる制度を考えているようですが、そんなことすると地方自治は崩壊するくらいの被害に合うんじゃないかなと思ってます。

家賃もキャッシュを生まないじゃないかと言われればそのとおりですが、賃貸であれば不動産を持つことにはなりません。

いつでも簡単に手放せるし、不動産の維持のためにお金を浪費する必要はないのです。

僕も不動産は資産をだと考えていたのですが、この考え方を知ってからは資産の考え方が大きく変わりました。

マイナスからのスタート

日本のマイホームの大半は新築物件です。

新築物件はプレミアム価格が設定されているため、購入と同時に価格が下落してしまいます。

建物は誰かが一度所有したという事実だけで、下落してしまいます。

一度も住んでいなくても名義が登記簿に乗ってしまうだけで価値が下がるという話を聞いたことがあるくらい、新築需要が圧倒的に多いのです。

株に話を置き換えた場合、買った瞬間に価格が下る株を買う人がどれだけいるでしょうか。

大好きな会社で応援したいという特異な人を除いて、誰も買わないと思います。

ですが、マイホームに話が置き換わるととたんにそのことは無視されてしまっています。

新築はプレミア価格というのはある程度常識であるにもかかわらず、そこは目をつぶる人がすごく多いんですよね。

僕もお金があれば、別に数百万円値打ちが下がってもどうだっていいと思うかもしれませんが、住宅ローンを組むくらいにお金がないのにプレミアム価格のマイホームは買えないと思いました。

利回りのあるものにお金を回したい

僕自身お金に苦しみたくないというのが根底にあります。

費用のかかるものは極力避けて、利回りの生じるものを持ちたいと考えています。

ですが、自分に商売の才能もなければ先読みする先見の明もありません。あれば今頃ビットコインで大儲けしてマイホームを買ってると思います…

凡人がお金に苦しまない方法を考えた結果、家は買わないで投資を使用という結論に至ったのです。

インデックスファンドは運用がうまくできれば平均年間利回りは6%を狙うことができます。

そこまではうまく行かなくても4,5%の運用利回りが達成できればいいかなと思っています。

マイホームを抱えて運用する方法もあるが

マイホームと投資のどちらもやってしまうという手も考えたことがあるのですが、やはり一点集中投資になってしまうことが気にかかっています。

マイホームを買っちゃうとポートフォリオがかなりいびつな形になってしまうんですよね。

更にいうと借金して投資っていうのは結構リスクが高いと思っています。

僕の資産状況ではとてもではないですが、耐えられないと思います。

まとめ

お金があれば好きなことに使えばいいのですが、僕の今の状況でマイホームを買うなんて贅沢すぎると思ってしまったのです。

お金に苦しみたくないという思いから、お金に苦しまない方の道を選ぼうと考えたのが、賃貸派の考え方に繋がりました。

僕がもし家を買うと決断した場合、冷静に考えて欲や見栄がほとんどだなと思いました。

だから本当に家を買う意味が見つかるまでは賃貸派で行こうと思っています。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告