仮想通貨の投資は無しだと思う理由

仮想通貨のビットコインは2017年の最初は1ビットコイン10万円程度でしたが一時期は240万円にまで到達しました。
2017年の頭にビットコインを持っておけば100万円が2000万円前後になっています。一攫千金を狙えるとても夢のある投資先だと思います。
ですが去年の頭には仮想通貨の存在は知っていたし本を読みましたが、どうも投資する気にはなれませんでした。
今回はなぜ僕は投資に積極的になれなかったのかを書いていきたいと思います。



投機的な動きが強すぎる

去年1年の値動きを見ているとあまりにも極端な暴騰、暴落を見せており、すこし常軌を逸した価格変動だなと思います。国が発行している法定通貨ではすこし考えられない値動きをしています。

もともと通貨量の少ない新興国であれば大量に通貨を刷ることでハイパーインフレを引き起こす可能性がありますが、先進国ではすこし想像もできない値動きとなっています。健全な経済基盤のある先進国では少し考えられれない値動きとなっています。

技術面がそこまで評価の対象となっていないのではないか

仮想通貨ってそもそも何がすごいかを考えると技術だと思うんです。安全性、コスト、速度のあらゆる面で革命的な技術ということはなんとなくわかります。ですが、だからといって生活にどのような影響を与えるのかが想像できません。技術の評価がここまで急騰していいものなのかがいまいちわからないのです。

採掘においても取引においても電気代がめちゃくちゃ高いみたいですし、本当に素晴らしいものなのかが今の僕には判断できません。

判断できないものには投資をしないのが一番だと思っています。

評価の基準がわからない

株価の場合はPERやPBRと言った基準を用いて株価が適正かどうかをある程度確認することができます。
また、上場企業は決算を必ず確認できるはずなので、ある程度会社の状況を把握して判断することができます。たまに粉飾決算している場合もありますが、通常はきちんとした決算書を確認できるようになっています。

一方で仮想通貨の評価基準は技術くらいのものではないかと思います。一つずつの仮想通貨の違いが全く分かっていない僕には評価の手段が一切ありません。つまり、評価する方法がないものには投資しようがないと思っています。

仮想通貨に投資している人の何割の方が本質を理解して投資しているのかは少し疑問です。

累進課税

仮想通貨と株では課税での扱いが全く異なります。
株やFXなどの場合は税率は一律20%程度となっています。仮想通貨の場合は累進課税になっており、所得が増えれば増えるほど税率が上がってしまいます。
同じ金額の利益が出ても仮想通貨の方がたくさん税金を持っていかれてしまうことを考えると手数料をたくさん払っているのと同じだと思います。

もちろんこれだけの高騰が続けば税金をたくさん払ったとしても十分に手元に残ると思います。ですが、これだけの高騰は永遠には続かないと思っています。また、税金のことを考えておかなければ利益が出たとしても税金を払えない可能性だってあります。

激しい乱高下でリスクを負うのは当人なのに、確実に儲けるのは国なんですよね。なんとも理不尽な課税となっています。

更に革新的な技術の通貨が出てくるのではないか

僕はそもそも仮想通貨については本を1冊程度読んだだけでほとんど何も知りません。ただ、技術面で優れていることはなんとなくわかっています。

通貨の価値が技術であるならば更に革新的な技術に対応した通貨が出てきて現在の仮想通貨は古いものになってしまうんじゃないかと思います。

現にビットコインは時間がかかりすぎるので実用的ではないという記事をよく見かけます。実用化されればされるほどビットコインの価値は落ちる可能性があります。つまり、ビットコインは仮想通貨が実用化される頃には価値のない仮想通貨になっている可能性だってあるのです。

仮想通貨は次々に新しいものが出て技術の競い合いになってしまうとすると、継続して投資をすると考えるととても難しいのではないかと思います。

どうしても投資したい方へ

僕は投資として仮想通貨にお金を投じるのはどうしても違うような気がしています。
それでもどうしても仮想通貨が気になるという方も中にはいると思います。中には仮想通貨で初めて投資に乗り出すという方も少なくないでしょう。そんな方には3つほど気をつけたほうが良いことを書いておこうと思います。

投資するものについて勉強しよう

まずは仮想通貨についてしっかりと勉強することが大事だと思います。革新的な技術が現在の価格に見合っているのかを一度冷静に考えるほうが良いと思います。

今すぐ投資を行いたいと思うかもしれませんが、どんなものに投資しているのかも分からないで投資をして失敗すると後悔しか残りません。僕はFXで含み損をたくさん抱えて、挙げ句の果てには損切りをした時に後悔しか残りませんでした。

余剰資金にしておこう

多くの人は一攫千金を狙いたいと思っているんじゃないでしょうか。ですが、今後どのようになるかはさっぱりわかりません。生活費をギャンブル的に突っ込むのではなくて、お小遣いの一部などで余裕を持って投資できる範囲で投資をしましょう。

レバレッジを掛けた信用取引はやめておこう

最近は仮想通貨の信用取引まで登場していますが、手をだすのはやめておいたほうが良いと思います。理由は通常の為替取引よりも激しい値動きを繰り返しているからです。

1日に10%動くことも珍しくない仮想通貨の世界でレバレッジを掛けた取引を行えば、例えFXでは低レバレッジと呼ばれる範囲であっても、ロスカットに合う可能性はとても高いのではないかと思います。

まだまだ値動きがまともな通貨のものではないのに信用取引が出てしまっていることはとても心配です。

まとめ

僕はそもそもほとんど仮想通貨については勉強していません。少し本を呼んだ程度ではありますが、当時は確かにすごいと思いました。ですが今のこの投機的な値動きや明らかに高騰している様子を見るととてもではないですが手が出ません。
最近はいたるところで買い煽る様子を見かけて、少し心配になっています。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告