電子機器

Windows10のデスクトップパソコンを購入しました

新しいパソコンを購入しました。ブログや日常使いはMacを使っているのですが、どうしてもWindowsのパソコンが必要となりました。

せっかくなので、なるべく安く、なるべくいいパソコンを探して購入しました。

Windows10を購入した理由

まずWindows10のパソコンを買うことになった理由ですが、仕事用のソフトがWindowsのみに対応しているからです。

これから仕事をしていく上でソフトがないのは流石に辛いので、購入することを決意しました。

仕事柄、専用ソフトがあった方がかなり仕事は楽になります。 仕事ができないことはないのですが、ソフトを導入することで労力を最小限に抑えることができると考えています。

余計な労力は抑えて、別の部分に集中できる方が長い目で見ると成果が出ると思うんですよね。

なので、ソフトを導入する前提でのパソコンを購入するのは投資として惜しまない部分ではありました。

とは言っても開業費用って大きなものから小さなものまでいろいろとかかってくるので、できる限りパソコンの価格は抑えたいところでした。

ですが本体価格を抑えすぎて動作が重かったり、すぐ使えなくなってしまうようなパソコンを買ってしまっては元も子ないので、仕事で使っていてストレスのかからないサクサク動くレベルのパソコンを探しました。

そこで、パソコン探しは詳しい人に見てもらいながら買いました。

購入したパソコン

購入したパソコンは『ThinkCentre M630e Tiny』というLenovoのパソコンです。Windows10Pro搭載でメモリーは8G B、SSD256GB、CPUはインテル Core i5-8265U プロセッサー ( 1.60GHz 6MB )のパソコンです。 価格は69,960円でした。モニターは別売りでしたが、余っているモニターを譲ってくれる方がいたので不要でした。

Windows10Proにした理由は専用ソフトの推奨環境がWindows10Proだったからです。

ですが、世に出ているパソコンのほとんどがHomeでした。探してみるとProはごく一部だったので選択肢は少なかったです。

Homeからのバージョンアップも可能なようでしたが、面倒だなと思い最初からPro搭載の物を買いました。

同じスペックくらいのパソコンを比較するとHomeよりも1万円ほど高かったです。一応ソフト会社にもHomeではダメなのかを問い合わせたのですが、Proを強くお勧めされました。

Microsoft Officeの付属はなし

今回購入したパソコンにはOfficeは付属されていませんでした。というよりも付属されていない物を探して購入しました。 Officeは必需品ではあるのですが、今ではOffice365soloの方が私の環境には必要だと判断したからです。

Office365Soloには従来の買取にはないメリットも多く、使い方によっては買取よりもお得だと思います。 この件は、また別の記事でなぜ買取ではない「Office365Solo」を契約したのか書きたいと思います。

使い心地は?

実際に触ってみた感想ですが、使い心地は思っていた以上にいいと思いました。

7万円でこのレベルのパソコンが手に入るのは非常にありがたいですね。 ソフトの起動速度も全く申し分ないですし、専用ソフトもスムーズに動いてくれています。

マウスやキーボードは付属の物を使用していますが、マウスについては買い換えようかなーと思っています。なにが悪いというのは説明しづらいのですが、とりあえず私の手にはフィットしませんでした。

キーボードについてはこだわりがあまりないということもあって、それほど悪くない打ち心地です。

終わりに

今回は、知り合いにある程度のスペックを見てもらってから、購入を決めました。わかる範囲でこちらで絞ってから見てもらったので、もっとお手頃なパソコンがあるのかもしれませんが、個人的には非常に満足しています。

それにしても家電量販店に行くと、10万円以上の高価なパソコンが並んでいますが、なんであんなに高いんですかね。

10万円を切るパソコンはCPUはCeleronってことが多いですし、メモリも4GBとかが多いのでちょっと買えないかなーと思いますよね。

個人的には特に日本メーカーのパソコンは割高なような気がします。