雑記ブログ運営で大事だと感じたこと

去年の9月に始めたブログも後2ヶ月で1年の節目を迎えようとしています。毎日更新を目標としてやってきましたが、忙しい時期やブログを書けない日もちょくちょく出てくるため、なかなか思い通りには記事数を増やすことはできませんでした。

でも気張りすぎずのんびりと活動を続けてこれたおかげでブログを書くストレスというのはほとんど感じることなく続けることができています。

今後も息の長い活動を続けるためにも気張りすぎずサボりすぎずコツコツと頑張っていこうと思います。



ブログを書いていて思った大事なこと

とにかく書き続ける

ブログは『文章が下手でもとにかく書き続けることが大事』だと感じました。わずか10ヶ月のブログですが、じわじわとアクセス数が増えているのもコンスタントにブログをたくさん書いているからだと思います。

途中アクセス数が増加しない辛い時期もありましたが、とにかく沢山の記事を書けるようになることを目的としていたので、やる気をなくすことなく乗り越えることができました。もしアクセス1番に考えていれば嫌になっていただろうなという時期もあります。

そんな過程を経験すると見えてきたのが『途中で投げ出さなければ、どんな人でも遅かれ早かれアクセス数は上昇していく』ということです。

どんなにデザインに強かろうが、プログラミングに詳しかろうが、ブログを黙々と書ける人の方が強いと思います。

もちろん一般人が芸能人のような一文のブログなんかを書いていてもアクセス数は増加しませんが、1500字ほどであれば、内容を絞った文章を書いていれば検索流入が徐々に増えていきます。

投げ出さずコツコツと書き続けられる人がブログの世界では強いのかなと思っています。

書きたいことを書く

ブログを書き始めるとネタが尽きると感じる方も少なくはないでしょうが、雑記ブログを書いているのであればネタは何でもいいと思います。

直感で書きたいと思うものや、自分が書きやすいと思う内容をどんどんと書いていけばいいと思います。

僕は今でもそうなんですが、検索流入を考えてもあまり上手にアクセス数を集められないので好きなことを書こうと思って書いています。

書いていけば読まれない記事と読まれる記事がわかってくるので(ぼくは未だにわかりませんが…)、ある程度傾向がわかるまでは好き勝手書いていくのが成長に繋がるのかなと思います。

一生懸命時間をかけて書いた記事が読まれるというわけでもないようなので、量産して徐々に質を高めていくというのがブログの成長にはいいのかもしれません。

収益やアクセスは意識しすぎない

ブログを始める動機として多いのが『お小遣い稼ぎ』だと思いますが、ほとんどの人は数ヶ月ではお小遣いなんか稼ぐことはできません。お金目的が1番にきてしまうとブログが嫌になってやめてしまう確率が上がっているような気がします。

ちなみに僕はブログの運営費がやっと稼げているくらいでほとんど収益には繋がっていません。まだまだマネタイズ化は集客ができるようになってからでいいのかなと思っています。

またアクセス数も一気に増えている人は一握りでほとんどの人は地道に続けているからアクセス数が増えているんだと思います。ブログは始めて数ヶ月は数字を意識しすぎるとろくなことがないのでやめておいた方がいいと思います。

楽しむことはすごく大事

先程も書いたのですがブログは『書き続けることが大事』です。ですから、自分が書いていて楽しい書き続けられるテーマを書くことが重要だと思います。

結局ブログを書き続けようと思うと楽しむことができる内容でないと難しいです。収益化やアクセス数ばかりを意識した記事を書いていると辛くなってくると思います。

自分がいいと思ったものを素直に紹介していくのが、結局一番ブログとして続けやすいと思うんですよね。

まとめ

周りを見渡せばすごい人は沢山いると思います。でも人と比べて自分のペースを乱してしまっては元も子もありません。

あまり周りに惑わされずにのんびりと継続してブログを書いていくことが一番大事だなと思います。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告