dTVを解約し、Amazonプライムビデオに乗り換えた理由

もう何年か前の話にはなりますが、僕は動画配信のサービスで以前はdTVを使用していました。ですが、1年もしないうちに契約は解除しました。そして新しくAmazonプライムを契約しました。Amazonプライムを契約してからはもうすでに1年以上経っていますが、いまだにとても満足していて解約するつもりはありません。

dTVからAmazonプライムに乗り換えたのですが、乗り換えてよかったなと思っています。

今回はdTVを解約した理由と新しく契約したAmazonプライムのサービスについて書いていきたいと思います。



コストを下げられる

dTVは月額500円(税抜き)で利用できるサービスで、動画配信サービスとしては比較的低コストなサービスだと思います。コンテンツ量から言えばとても良心的な価格と言えると思います。

ですがAmazonプライムは月額400円(税込み)、年間プランだと3900円(税込み)で利用することが可能です。年間プランで支払うと月わずか325円で見放題なのです。しかもAmazonプライムの場合は動画はサービスの一つで、その他にも配送料やミュージックなど非常にサービスが充実しています。

たしかに、コンテンツ量はdTVに比べてかなり乏しいとは思いますが、複数あるサービスの一つとしてAmazonビデオがあるため、十分に満足できると思います。
コスト面ではdTVも善戦しているとはいえ、Amazonプライムのほうが良いと思います。

サービスが格段にAmazonプライムがよい

サービスの品質はdTVとAmazonプライムとではまるで別物でした。サービスは多方面からみてAmazonの圧勝です。

アプリ(iOS)の使いやすさ

使用していた頃の話になるので2年ほど前のことにはなるのですが、dTVのアプリはとても使いづらかったです。頻繁に認証切れを起こすし、動画は途中で止まるし、画質がとても悪かったりとかなりひどい状況でした。AppStoreでの評価の書き込みをみてもとても評判が悪かったのですが、対応はほとんどとっていない状況でした。

一番ひどかったのがHD画質で視聴可能としていても見られないということも非常に多かったことです。問い合わせをしてはみたのですが、なぜ見られないのかはきちんと回答が得られませんでした。

Amazonビデオはアプリがとてもサクサク動くし、画質も安定しています。いままで動画再生中に止まることもほとんどありません。

Amazonオリジナルビデオのレベルが高い

Amazonはオリジナル作品というのがたくさんあります。最近は松本人志さんの『ドキュメンタル』などの宣伝がされていて多くの人が知っているのではないかと思います。その他にもかなりコアで質の高いオリジナルコンテンツを提供しています。

dTVもファンにはたまらない限定のスピンオフ作品があるのですが、本編のおまけ程度の作品なのでファン以外はそれほど楽しめないかなと思います。

dTVの対応が…だった。

今は改善している可能性がありますが、僕が利用していた頃のdTVは文字制限のある問い合わせでの対応しか行っていませんでした。問い合わせても、ちんぷんかんぷんな返答しか返ってこず最終的には返事をしない始末でした。

docomoのコールセンターに問い合わせても電話での問い合わせは行っていないの一点張りで、仕方がないのであきらめて解約をすることにしました。

15年以上docomoユーザーで常に満足していたのですが、dTVの対応にはとてもがっかりでした。docomoは他のキャリアよりも問い合わせに対する対応が非常に高い印象でしたが、少し変わってきているのかもしれません。

まとめ

僕はdTVからAmazonプライムに変更してとても満足しています。
dTVは今後もおそらく契約することはないと思います。価格を維持するためだと思うのですが、あまりにも品質に問題があると思っています。

もしAmazonプライムビデオのボリュームに満足できなくなっても、そのほかの動画配信サービスを検討すると思います。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告