スマホとガラケー2台持ちをして3年が経過!問題点も多く誰にでもおススメというわけではない!

3年前から僕はスマホとガラケーの2台持ちをしています。便利か不便かを問われれば間違いなく不便です。2台持ちという行為にはメリットを感じたことがありません。

ではなぜ2台持ちを続ける理由は月々の携帯代が最も安い方法だからです。

大手キャリアだと1万円近くかかるところ、僕は今4,000円で済んでいます。

月々6,000円近く固定費を減らせるのは、家計にとってはすごくありがたいです。1年で7万円近くの節約です。多少不便でも続ける意味はあると思います。

今回は僕のスマホとガラケーの2台持ち事情について書いてみたいと思います。



ネットはスマホ、電話はガラケー

スマホとガラケーの使い分けは電話はガラケーを使い、メールやLINE、ネットなどはすべてスマホを使っています。

最低限の契約にしているのでスマホはネットしかできず電話番号もありません。一方でガラケーは電話だけの契約となっていてメールすらできません。

と言っても電話を使うのって仕事だけでプライベートではほとんど使いません。LINEとFaceTimeさえあればほとんど事足りてしまいますので休日はガラケーを持ち歩かないこともしばしばあります。

契約内容

スマホの契約状況

スマホについては大手キャリアの契約をやめて、格安SIMでネットのみの契約をしています。

現在契約している格安SIMはIIJmioのファミリープランを使用しています。データ通信専用だと2560円(税抜き)のプランです。夫婦2人で使用しているため一人あたり1280円(税抜き)ということになります。

データ容量は12GB使用できますが、夫婦二人でも使い切れていないので、少し多すぎるくらいです。

しかも使用しなかったデータ通信量は翌月に繰り越せるので、一度も通信容量オーバーで困ったことはありません。

通信速度は大手キャリアに比べると非常に不安定です。深夜時間帯は好調なんですが、通勤ラッシュやお昼の時間帯などのアクセスが集中する時間帯は非常に遅いです。YouTubeもまともに見られないことがあります。

通信容量が豊富な半面、質は十分ではないです。

ガラケーの契約内容

docomoのカケホーダイプランのみを契約しています。月々2200円(税抜き)のみでメールは出来ません。

電話とショートメールのみが使える携帯電話になっています。私生活ではほとんど電話を使うことがないのですが、仕事では電話を使うので、どうしても電話を自由にできる環境は必要なので半ば仕方なく契約しています。

カケホーダイプランで不満なのが『0570』で始まる電話に対しては電話代がかかるということです。多くの企業が『0570』を採用していて意外と電話代がかかってしまうことがあるんですよね。

2台持ちでの問題点

では2台持ちをしていると少なからず問題点に書いていこうと思います。ではどのような問題点があるのか書いていきたいと思います。

忘れ物が増える

当たり前のことですが、2台持ちを始めるともっていくものが一つ増えます。ということは忘れ物をする確率が上がってしまうんですよね。

特にガラケーについては電話しかしないため、普段遊びに出かける時に忘れそうになります。

充電もスマホ、ガラケーで二重に行なわなければならないので非常に面倒です。僕の場合は2、3日に1回しか充電しないガラケーを充電した日は仕事に持っていくのを忘れてしまうことが多いです。

2台持ちが癖づくまでは何度かどちらかを忘れて仕事に行ったことがあります。

本体代が2重にかかる

僕の場合はスマホはiPhoneSE、ガラケーはdocomoで買ったPanasonicのガラケーです。どちらも6万円程度はしたと思います。

ガラケーは『この性能で6万円か』と思うくらいのものでしたが、安いガラケーを店舗では見つけることが出来なかったので、仕方なく購入しました。

合計で12万円は決して安くないですよね。長期間使用していれば元は十分取れるんですが、初期費用としては結構な金額だと思います。

少しでも本体代を安く抑えたいという方は、最近は中古のガラケーも多く出回っているので中古を探してみるのもいいと思います。次ガラケーを買い換えるときは中古市場をチェックしようと思っています。

最近知ったのですが、Amazonなどで安く新品も販売されているようですね。

スマホ(iPhone)の良さをかき消す

iPhoneはMa(パソコン)と連動させることでMac(パソコン)で電話をすることができます。

⇒参考『iPhoneをカバンから出さずにMacで電話に出る方法。

僕が使用しているiPhoneはネットのみの契約となっているので電話できる電話番号がありません。なのでMacで電話をするということは出来ません。パソコンに向かっている最中はパソコンで電話に出られた方が便利なのですが、泣く泣く諦めています。

どうしても両手を空けて電話をしたい時はLINEでiPhoneを使用して電話する必要があります。

また、ガラケーはBluetoothもあまり良くないので、電話するBluetoothイヤホンで電話はできないと言っても過言ではないと思います。しかもガラケーにはイヤホンジャックもついていないため、付属品を買わなければイヤホンで電話をすることすら出来ないんです。

とにかくガラケーは何から何まで不便です。

まとめ

2台持ちのいいところは固定費を抑えつつ通話やネットを最大限利用できるということだと思います。固定費を抑えたいが電話が必需品という人にとってはおすすめできると思います。

電話を使わない人は音声通話付きの格安SIMを契約するほうがいいです。わざわざガラケーを契約しておく必要はないでしょう。

2台持ちを考えるポイントは電話で通話するかしないかが最大のポイントだと思います。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告