3年間、スマホとガラケーの2台持ちをして思うこと

外を歩いているち3年ほど前から僕はスマホとガラケーの2台持ちをしています。便利か不便かを問われれば間違いなく不便です。2台持ちという行為にはメリットを感じたことがありません。

ではなぜ2台持ちをしているのかというと、理由はいたって簡単で月々の携帯代が最も安い方法だからです。2台持ちをすることで僕の場合は約4,000円となっています。キャリアだと倍はかかっていたのですごく財布に優しいと思います。
できればガラケーは持ちたくないと思っているのですが、経済的な理由を考えると2台持ちするほうがオトクなので2台持ちを続けています。



ネットはスマホ、電話はガラケー

スマホとガラケーをどのように使い分けているのかというと、メールやLINE、ネットなどはすべてスマホ、電話はガラケーというふうに使い分けています。

契約内容

スマホの契約状況

スマホについてはキャリアの契約をやめて、格安SIMでネットのみの契約をしています。月々の支払いは5GB以上使用できて、おおよそ1500円程度となっています。なぜおおよそと書いたかというとファミリー契約をしているため、一人あたりの正確な金額がわからなかったからです。

ネットのみの契約をしているため、電話回線での電話は出来ませんが、LINE同士やFaceTime同士といったサービスを使用して電話をすることは可能です。
最近は電話を使うことも随分と減っているので、ネットだけのスマホだけでも私生活ではほとんど困ることはありません。

IP電話の契約をすれば電話をすることも可能ですが、格安SIMの場合は通信環境が不安定ということもあり、あまりおすすめできません。

ガラケーの契約内容

docomoのカケホーダイプランのみを契約しています。月々2200円(税抜き)のみでメールは出来ません。

電話とショートメールのみが使える携帯電話になっています。私生活ではほとんど電話を使うことがないのですが、仕事ではある程度電話を使うので、どうしても電話を自由にできる環境は必要になります。

2台持ちでの問題点

2台持ちをしていると少なからず問題点があります。ではどのような問題点があるのか書いていきたいと思います。

忘れ物

当たり前のことですが、2台持ちを始めると荷物が増えてしまいます。これが意外と面倒です。

特にガラケーについては電話しかしないため、普段遊びに出かける時に忘れそうになります。

充電もスマホ、ガラケーで二重に行なわなければならないので非常に面倒です。僕の場合は2、3日に1回しか充電しないガラケーを充電した日は仕事に持っていくのを忘れてしまうことが多いです。

2台持ちが癖づくまでは結構2台持ちって面倒だなと感じると思います。

本体代が2重にかかる

僕の場合はスマホはiPhoneSE、ガラケーはdocomoで買ったPanasonicのガラケーです。どちらも6万円程度はしたと思います。

iPhone6万円払う価値があると思うのですが、ガラケーは電話だけできればいいので、とてももったいないなと思いながら買いました。

性能を比較するとガラケーが優れている部分が一つもないのに、似たような値段になるのは独自にOSを開発しているからというどうでもいい理由かららしいです。

少しでも本体代を安く抑えたいという方は、最近は中古のガラケーも多く出回っているので中古を探してみるのも一つの手だと思います。

購入してから知ったのですが、Amazonなどで安く新品も販売されているようですね。

iPhoneの良さをかき消す

iPhoneはパソコンのMacと連動させることでMacで電話をすることができます。

僕が使用しているiPhoneはネットのみの契約となっているので電話できる電話番号がありません。なのでMacで電話をするということは出来ません。パソコンに向かっている最中はパソコンで電話に出られた方が便利なのですが、泣く泣く諦めています。

また、ガラケーはBluetoothもあまり良くないので、電話するBluetoothイヤホンで電話はできないと言っても過言ではないと思います。しかもガラケーにはイヤホンジャックもついていないため、付属品を買わなければイヤホンで電話をすることすら出来ないんです。

どうしても両手を空けて電話をしたい時はLINEでiPhoneを使用して電話する必要があります。

まとめ

2台持ちのいいところは固定費が安くなるところだけと言っても過言ではないと思います。デメリットも多いのですが、たくさん電話やネットをする人が料金を抑えられるのは間違いありません。

ネットも電話も必需品という方は2台持ちを検討してみるのも良いかもしれません。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告