インデックスファンドのデメリット

前回はインデックスファンドのメリットについて触れてきましたが、今回はデメリットに焦点を当ててみたいと思います。
いいところもあれば当然悪いところもあります。なんでもそうなんですが、インデックスファンドも素晴らしいと思う反面、残念な部分があることも事実です。



退屈

インデックスファンドへの積み立てはほとんど頭を使いません。とにかく退屈です。一度投資先を決めてしまえばあとはただただじーっと待つだけです。本当に何もすることがなさ過ぎて暇なくらいただただじーっと待つだけなので、ギャンブル肌の人にはなかなかつらい投資方法かもしれません。
半年に一度、年に一度くらいは信託報酬の兼ね合いから見直しをしてみてもいいかもしれません。が、それ以外はコツコツとじっくり待つだけです。大物ねらいではなく、コツコツと小魚を吊り上げるつもりで糸を垂らして待ちましょう。複利効果は気長に待つのが一番です。
多くの人はじっとできずにいろいろと手を出して失敗するようですが、それもなんだかわかるような気がしますね。僕はFXから資産運用の道を勉強しだしたので、もっとポチポチ(売買)したいなぁと思うこともあります。
勉強すれば勉強するほど、いろんな投資方法があって魅力的な言葉が並んでいることを知ってしまいます。ついつい目がくらんで手を出さないように注意したいですね。よほど将来性に自信があれば別でしょうが、まだ僕には将来が想像できないのでやめておきます。
アメリカなんかでは割と投資が一般社会に溶け込んでいるので、安定している方も投資をしているんだと思います。ですが、今の日本で資産運用を始める人の多くはガンガン資産運用して一日でも多くの利益を上げたいと考える人が多いと思います。

先が見える

インデックスファンドのもう一つの弱点は、大体どれだけの利益が出るのかが予想できるということです。平均するとおよそ4~6%の利回りを上げることができると言われています。たしかに銀行金利なんかを考えると非常に立派な利回りです。100万円投資すれば年間4万~6万円の利益を生むことができます。しかも複利効果が期待できますので、掛け算でお金が増えて行きます。
ですが、利回りを考えると所詮4〜6%台です。市場平均を目指すため、大勝ちすることはまずあり得ません。
個別の株式への投資や、アクティブファンドであれば市場平均を大幅に超えて利益を上げられる可能性もあるわけです。可能性としてはあまり高くはないですが、一攫千金を狙えるのは魅力的だと思います。もしiPhone発売前に

近い将来、特に何もなし

これはインデックスファンドのデメリットというよりも分配金のない場合のデメリットかもしれません。
インデックスファンドの特徴は中長期的な投資が主流ということです。なので、来月お金が増えているか減っているかはその時になってみないとわかりません。ただ、保有期間が長ければ長いほど安定して資産は増えて行きます。
『失われた20年』を経験して長期的に株価の上がらない日本株の株式市場もありますが、これはかなり例外的な状況です。世界は確実に経済成長しています。
散々不景気だと言われギリシャ問題やブレグジットで大きな問題となっているヨーロッパ諸国ですら株価は上昇傾向にあります。

まとめ

インデックスファンドはとにかくコツコツと時間をかけて積み上げる地味な世界です。「売りだ買いだ」と飛び交うような華やかな世界とは程遠いというのがインデックスファンドへの投資を始めてからの印象です。
貯金大好き日本人には意外とあっている運用方法だと思うんですが、まだまだちょっとでも金利の良い定期預金を探し歩いている方が多いと思います。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告