マイホームのメリット

マイホームは買わないのは決していいことばかりではないと思います。

金銭的な面では賃貸でいくほうが優位だとは思いますが、その他の部分では我慢しなければいけないこともたくさんあります。

つまりマイホームを買うことで得られるメリットは諦めなければならないのです。

今回はマイホームのメリットについてどのようなものがあるのかを考えていきたいと思います。



1.所有欲が満たされる

マイホームを買うのは日本人にとっては当たり前であり、目標の一つです。

日本人が一生に一回の買い物と考えているほど大きな買い物です。

購入したときの達成感は大きなものがあるでしょう。

人生最大の所有欲が満たされる瞬間だと思います。

パソコンを買うときですらワクワクするんですから、その何百倍も価値のあるものを手に入れる瞬間は所有欲が満たされる最高潮の瞬間といっていいのではないでしょうか。

2.安定した子供の教育環境

マイホームの購入の目的としてよく上げられるのが、子供の安定した教育環境の維持というものが上げられます。

賃貸住宅に比べて、居住スペースも広く、安定した環境を提供することができます。

引っ越しは子供に悪影響と考える専門家もいるようなので、一箇所に定住することは子供の教育環境としては良いといえるのかもしれません。

僕の父親は借家時代、子供に「この家はいつまで住めるの?」と聞かれたことが家を買う大きな決め手となったと言っていました。

子供に落ち着いた環境を提供したいという親の考えがマイホームの理想を大きくしているのかもしれません。

3.家の改修を自由にできる

賃貸だととにかく傷つけないように気にしながら生活しなければなりません。画鋲で穴を開けてもいいのか?だとかこのシミって大丈夫だろうか?だとか細かな部分が気になってしまいます。

マイホームだと新築で最初のうちは小さな傷も気にするでしょうが、徐々に気にしなくなり、壁でも平気で穴が開けることができます。

久々に実家に帰ると父親が壁をぶち抜いていてました。

さすがに驚きましたが、こういった改良の自由度が高いのはマイホームの特権だと思います。

4.承認欲求が満たされる

人は承認欲求の塊です。

マイホームは多くの日本人にとって大きな目標の一つです。

日本人共通の目標を達成することで承認欲求が満たされているのだと思います。

特に最近は建物にお金をかけてこだわりの家を建てている人も多いことを考えると、個性的な家を持つことで更に強い承認欲求を満たそうとしているのではないかと思います。

5.将来家賃がかからない

賃貸生活は何歳になっても家賃を払い続けなければなりません。

定年退職が当たり前の日本だと家賃がかかるというのに不安を感じるのも無理はない話だと思います。

マイホームを買ってローンを完済できればとりあえずの家賃は気にする必要がありません。

多少ボロくなっても我慢すれば住めないこともないでしょう。

年金生活者にとっては家賃というのはあまりにも負担が大きすぎるのは間違いないと思います。

6.担保を提供できるので借り入れがしやすい

住宅は担保になりますので、無担保よりもたくさんのお金を借りることができたり、低金利でお金を借りることができます。

脱サラをして新規事業を立ち上げようという目標を掲げた場合、簡単に借り入れができることは大きなメリットでもあります。

不動産は銀行でも比較的、評価されやすい傾向にあるため、お金を借りる面では確かに有利に働く可能性は非常に高いです。

ただし、住宅ローンを完済していなければ、先順位に住宅ローンがついている状態になるため、それほど評価してくれない可能性もあります。

7.いざとなればキャッシュを生むことができる

マイホームは資産です。売却できればキャッシュを生むことができます。

もしどうしてもお金を必要になった場合は家の売却の選択肢が持てるのは大きなメリットかも知れません。

ただ、最近ではなかなか売れないということもよくあるので、今後はいつでもキャッシュを生めるというわけではないのかもしれません。

また、新築であれば購入価格以上の値段で売れることは殆どないので、キャッシュを生めると言っても少し損をしてしまうのは残念なところではあります。

終わりに

マイホームのメリットは、所有欲や承認欲求といった感情的な部分が多くを占めていると思います。

子供のためというのも、賃貸と持ち家の学力調査などの結果が見当たらないので、あまり参考にはならないと思います。

金銭的な面ではやはり冷静に考えてもデメリットが多いです。

⇒『持ち家派?賃貸派?僕が賃貸派である理由(資産運用・投資)

一つだけ、『なるほど!』と思ったのは、担保として借り入れができるという面です。これは確かに大きなメリットだと思いました。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告