FXは本当に安全なのか?

僕は5年ほど前に友人の誘いでFXをはじめました。

当時資産運用について全く不勉強の僕は為替取引なんてなんかすごく大人な感じがして魅力的に感じました。

お金を増やすといえば仕事をする、貯めるといえば貯金をするという生活をしていた僕にとっては革命的な出来事でした。

お金でお金を増やす発想はお金持ちだけができる特権のように思っていました。

FXを知ったおかげで運用を知り、今に至っているので感謝はしています。

ただ、「人に紹介するか?」と聞かれると答えは「ノー」です。



FXとは

FXを知らない人にも簡単に説明すると『外国為替証拠金取引』といって為替の売買の差額で利益をあげることを目標とする取引方法です。

1ドル100円で購入し、1ドル110円で売却することができれば10円の利益を生み出すことができます。

1ドル100円で購入し、1ドル110円で売却すれば単なる『為替取引』です。

FXは『証拠金取引』のため、100円で1ドルを買うわけではありません。

FXでは100円を証拠金として証券会社等に入金し10ドル分(最大25ドル)、つまり1000円分の通貨の取引を行えるのです。

軍資金の最大25倍の取引が行えるため10万円分しかなくても250万円分のドルの取引ができてしまうわけです。

このように元手を証拠金として数倍で行う取引のことをレバレッジと言います。レバレッジ5倍といえば10万円で50万円分の通貨の取引を行っているということですね。

つまりハイリスクにはなりますがハイリターンを狙えるんです。しかも為替取引と比べても手数料が非常に安いためとても人気な取引方法となっているのです。

ただ、最近レバレッジを25倍から10倍まで下げる動きとなっているようです。

破産される方も多いようですし、何よりも損失が大きいですからね。

少額の軍資金でも大きな利益を狙えるのがFXの最大の特徴ですね。

予想は簡単か

FXを始めるまでは過去の為替を考えると為替を予想するってめちゃくちゃ簡単なんじゃないかと思っていました。

1ドル80円だったら買えばいいし1ドル130円だったら売れば儲かると考えていました。

ですが実際始めてみるとそう簡単ではありませんでした。

レバレッジを効かせて取引をするということは、証拠金の額までしか取引をする事ができないということです。

為替って実は雇用統計やGDPの発表時にはかなりの値動きがあります。

20倍を超えるようなハイレバレッジで取引をすると一日で証拠金の限度額に達しロスカット(強制決済)をされてしまうことだって頻繁に起こりうるんですよね。

短期的値動きは経済よりも政治的な思惑に反応したりするので、全く読み取ることはできないんですよね。

チャートから読み取る手法、技術が重要と言われていますが、僕は全くできませんでした。

年単位の長期的な目線で見ると為替の変動はもっと大きなものとなります。

リーマンショックが起こった2008年にはドルは一気に84円まで下落していました。

2011年の関東大震災時には更に下落が進み75円の超円高になってしまったのです。

ですが今では110円前後です。わずか5年の間に1ドル35円も値動きがあるんです。

予想のできない短期的な取引でも予想外の事態が起こりうる長期的でも高いレバレッジを掛けて取引をするのはかなり難しいということが言えると思います。

FXでの失敗体験談

僕の場合は第1次黒田バスーカによって崩壊しました。

長期的な目線からユーロをハイレバレッジ高めで売りポジションを抱えていたのですが、予想外の円安で衝撃を受けました。

実際ユーロは一時的には円安に進みましたがその後ギリシャ危機などもあり、円高の流れとなりました。

額としては大したことはなかったのですが、ワードプレスを始めることも一大決心の僕にとってはしばらくは仕事も手に付かない放心状態が続きました。

⇒『トルコリラの大暴落!ここ数年で記憶に残った騰落。

ここから学んだことは経済情勢の予想以上に為替の値動きの予想はこんなんだということです。

どこに結論を持っていくかによって答えは変わると思うのですが、僕の読みは大枠では外れてはいませんでしたが、大負けをしてしまいました

失敗から学んだ心のゆとりの重要性

ハイレバレッジでの取引は心のゆとりを奪います。体験者が語るのだから間違いありません…

少しプラスが出ればすぐに決済したくなるし、すごい速度でマイナスが積み上がると損を確定させたくなくてロスカットされるギリギリまで決済ができませんでした。

高いレバレッジをかけると自分の器以上の取引をすることになります。

その結果、小さな値動きで一喜一憂してしまう可能性があるのです。

意外と人間は脆いもので、少しでも許容範囲を超える値動きをされてしまうと正確な判断をできなくなってしまいます。

どんな状況でも冷静な判断をできるのであればいい結果につながるかもしれません。

FXは投資か?

もし「FXは投資か?」と問われても投資とは言えないと思っています。

理由は先程も述べたようなレバレッジを効かせられるハイリスクな取引だからです。

投資として紹介するにはあまりにもギャンブル性が高すぎます。

インターネットでFXと調べれば、肯定的な意見が多いですが、僕を含めFXで大損している人をたくさん知っています。

一家離散になったケースも知っているので、いくら自己責任だからと言って、人には簡単に勧められないです。

終わりに

僕はこの数年間の経験から言えることは「FXはギャンブル性の高い投機」であるということです。

日本の公営ギャンブルほど期待値は低くないのですが、心理的な面から損をする可能性は非常に高いと思っています。

たしかにレバレッジが3〜5倍程度であればロスカットされる可能性もかなり下がりますし、含み損が出続けていても長い目で見れば含み益をもたらす可能性も十分にあります。

それでもトルコショックのようなことが起こればロスカットを食らうこともありえます。

ハイリスク・ハイリターンを理解したうえで、取引をしてみたいという方はまずは少額で経験してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告