マイホームの歴史

数年前までマイホームを購入しようか真剣に考えていた時がありました。当時はマイホームについて色々と調べていました。

今回は当時調べたそもそものマイホームの歴史についてを少し書いてみたいと思います。



意外と短いマイホームの歴史

東京や大阪などの都会でマイホームという考え方が定着したのは1960年ごろになってからだというのです。マイホーム神話がスタートしてまだわずか50年程度の歴史しかないのです。

1960年以前から住宅の所有は田舎の方では当たり前だったようです。そもそも田舎では不動産自体には資産価値が無いので、取得がしやすいということがあるんだと思います。
土地が広くて人口が少ない地域で不動産を所有するのは理にかなっていたのだと思います。現在では田舎の高齢化が進み不動産の価値は更になくなっている状況です。

一方で都会では借家が当たり前でした。昔から都会の土地は高く、庶民が変えるようなものではありませんでした。
あの国民的アニメの『サザエさん』の世田谷の家も、元は借家という設定だったようです。
戦前の大阪では90パーセント近くが借家であったという記録も残っているので戦後すぐにスタートしたサザエさんの時代では都会では借家が当たり前だったのだと思います。

マイホームについて調べる前は、土地や建物を資産だと言う考え方は農耕民族だから一か所に定住するのが当たり前だったと教わっていましたが、日本全体で考えた場合はこの考えは間違いだったのです。
マイホームを当たり前のように取得するようになったのは本当に最近になってからなのです。

マイホームが広まるきっかけ

戦前から戦後すぐは都会ではマイホームという考え方は上で説明したように全くと言ってよいほどありませんでした。住宅ローンの法整備も不十分で、なかなか簡単には融資を受けることもできなかったようです。

マイホームのきっかけは集団就職で田舎から都会にやってきたことがきっかけではないかと言われています。

当時田舎では農家を継ぐことができるのは長男だけでした。次男坊は家督相続はできないので、自分で生計を立てなければなりませんでした。そのため次男以降の青年は集団就職により都会に進出していたのです。

田舎から出てきた人の感覚では土地は所有して当たり前だったため、ある程度の収入を得られるようになったら借金をしてでも不動産を購入する選択をしました。結果、地方の文化が都会に定着していったのだと思います。

不動産は勝手に価値上昇

戦後日本はすごいスピードで経済成長をしていきました。その結果インフレが進み物価はどんどん上昇していきました。結果不動産価格も物価上昇と同様、凄まじい勢いで上昇していきました。
人口増加と急激な経済成長はどんどん日本を豊かにしていきました。1960年代には住宅地の地価変動率は非常に高いものとなっていました。土地は何も考えず、所有しているだけで価値は上昇していったのです。

上昇率は高いときで年40%を記録しており、銀行金利よりも借金してでも不動産を持つほうが資産は増えていったのです。そのため『マイホーム神話』の価値観が定着していったのではないかと思います。

国策としてマイホームを推し進めた

こういった人の流れ、物価の上昇に乗じて政府としても不動産購入をどんどんすすめていきました。法整備を勧めてニュータウン計画を次々に打ち出して行き、国民に新しい住居を次々に提供していきました。実際、国の住宅ローンの貸付である住宅金融公庫のシェアが2000年に入ってからも40%握っていました。この数字だけでもいかに国が住宅をもってほしかったかがわかるのではないでしょうか。銀行は利益率の低い住宅ローンを嫌がったんですね。
1960年あたりから住宅着工件数も右肩上がりに増加し、ピーク時には1972年に1,905,112戸と年間200万戸に近づく勢い住宅の建築は増えていきました。

今の時代にマイホーム購入は正しいか

人の動きの結果、マイホームを持つ人が増加したのはある意味当然だったのかもしれません。不動産を持っていただけで価値が上がった時代に不動産神話が誕生したことも頷けます。当時、公的資金を間接的に投入して不動産価格は上げられていたとも言える状況だったので、買っても損はしない人が多かったのでしょうね。

ですが今の時代、マイホームに拘る必要が本当にあるのでしょうか。1980年に購入した不動産の価格は若干上昇してはいますが、都市の一部の銀座などではバブル期を超える高騰を見せていることを考えると全体敵にはの土地価格は横ばいか下落傾向にあるとも考えられます。つまり30年以上不動産の価格はほとんど上昇していないのです。固定資産税を払い続けた分赤字といえるかもしれませんね。

一方で株価を見てみるとアメリカではダウ平均は963ドルから22000ドルまで上昇しています。日経平均も7000円から20000円程度まで上昇しています。比較する時期によるとは思いますが、日本の不動産は株価よりも優秀とは言えないと思います。

まとめ

マイホームは歴史を知るとと、マイホームを売れ続けた背景が見えてきました。『マイホーム神話』が誕生した高度経済成長期の日本と『失われた20年』を経験した現在の日本では、同じ日本でも全く違った国と考えてもよいくらい経済状況が異なります。僕はマイホーム神話を崩壊させるべきだと思っています。不景気といわれながらも低金利後は若干地価が上昇しています。人口減少、空き家問題の深刻化が叫ばれる日本でなぜ今もなお根強い『マイホーム神話』が生きているのかは疑問が残ります。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告