日本、アメリカ、欧州の個人資産の内訳は驚くほど違う

投資のことを勉強していると日本人は本当に投資には無頓着なんだなと思うことが多々あります。

今回は個人資産にスポットを当ててご紹介したいと思います。

2017年8月に日本銀行統計調査局が『資金循環の日米欧比較』を発表しました。

その中でも金融資産構成についてのグラフが乗っているのですが、日米欧で驚くほどに異なる資産構成をしていました。

今回は少し個人の金融資産について書いていこうと思います。



先進国の金融資産状況の比較

 現金・預金債務証券投資信託株式等保険・年金・定型保証その他
ユーロエリア33.2%3.2%9.2%18.2%3.4%2.3%
アメリカ13.4%5.6%1.1%35.8%31.2%2.9%
日本51.5%1.4%5.4%10%28.8%2.9%

日本、アメリカ、ユーロエリアの3つに分けて個人資産の中でも金融資産をグラフにしたものです。

それぞれ全く違った割合となっているのはなかなかおもしろいです。

ひと目見て日本はアメリカや欧州に比べて極端に保守的であることがわかると思います。

貯金大好き日本人

アメリカの現預金での構成比率が13.4%であるのに対して、日本人は金融資産の中でなんと51.5%も現預金で構成しています。

アメリカのなんと4倍近くも現金で保有する比率が高くなっています。

欧州も日本よりも現預金率は20%近くも低く、程よく現預金を保有していると言えると思います。

アメリカは極端に投資に回しすぎだとは思いますが、日本人は極端に現預金で持ちすぎです。

そのかわり日本はリスク資産と呼ばれる株式や投資信託の割合が圧倒的に少ないです。2つを足してもわずか15%程しかありません。

現預金とリスク資産の割合を見るだけでも日本がお金に内向きかがわかると思います。

一方でユーロエリアは非常にバランスよく保有しています。現預金33%に対してリスク資産28%というのは分散投資を意識してのことなんだろうなと推測できます。

デフレマインドが原因か?

なぜここまで現預金が好きなのかを考えたとき、一番最初に頭に浮かんだのはバブルの崩壊です。

日本はバブル崩壊以降超長期的にデフレが続いています。

デフレだと現預金で所有していても価値も下がらないのでわざわざ投資することはリスクだと感じてしまうのだと思います。

ですがこのような長期的なデフレが続いている国って先進国だと日本くらいなもんなんです。

世界はどんどんインフレし、年々海外の物価が上昇しています。海外旅行に行くと外国の物価が上がっていることを実感する機会も多いのではないでしょうか。

日本人の現預金比率はバブル前後で大きな変化はありません。日本人にとって昔から現預金で保有するというのが当たり前なのです。

つまり現預金が多いのはデフレマインドのせいではなく本質的に現預金好きということのようですね。

家計所得

日本では金融資産構成の半分を現預金で持っているため、財産所得は伸びません。

財産所得というのは地代や利子、配当などの所得を言います。簡単に言うと不労所得ですね。

しかも給与所得も若干上昇はしているものの横ばいのため、家計所得の伸びは一向に感じることができません。

景気の回復期間としては『いざなぎ景気』を超えたという報道もされていますが、家計所得は横ばいなので、一般の国民が景気回復を実感できないのは当然のことでしょう。

政府の意向

政府としては今後、リスク資産の割合を増加させていきたいと考えているのだと思います。

現預金の割合が高いことは経済にとってはよくないことなので、できるだけリスク資産へと誘導したいのだと思います。

たとえばNISAなどはその一例です。

NISAとは株や投資信託の運用益に対して税金をかけない特別な口座のことです。上限は年間120万円で最大5年間利用することができます。

来年からは年間40万円で最大20年間も非課税を受けることができる積立NISAも始まり、ますます投資を煽る勢いは強まるのではないかと思います。

無制限に非課税というわけではありませんが、金融資産の半分以上を占める現預金をなんとか引きだしたいと考えているのでしょう。

そのほかにも確定拠出型年金など、税制優遇を取ることでリスク資産の保有率を増やしていこうとしています。

現預金のみでの保有はリスクあり

日本人は現金主義であるのは過去の統計からも明らかなことです。

おそらく多くの人は投資をして失敗したらお金が減ってしまうリスクを怖がっているのだと思います。

ですが、現預金でのみ金融資産を保有することもリスクが高いことなのです。

どういうことかというと、現預金はインフレに非常に弱いのです。

インフレが起こると1個100円で買えていたリンゴが1個120円になってしまうのです。物の価値が上がるのですが、言い換えれば通貨の価値が下がってしまうのです。

安倍政権は物価上昇率2%達成を目標にしています。ということは政府はある程度のインフレを起こしたいと考えているのです。

日本円は今後価値が落ちる可能性がある通貨なのです。

このままデフレ経済が続いてくれない限り、現預金で持つメリットはないのですが、今後も永続的にデフレが続くとは考えにくいのではないかと思います。

まとめ

金融資産を見るだけでその国の性格がある程度わかってしまいます。

アメリカはリスクを顧みず、ガンガン投資するし、欧州はとてもバランスよく資産構成しています。

日本は非常に慎重で、投資には非常に臆病です。

ただ、日本の場合は金融教育が不十分ということも言えると思います。現預金で持つリスクをきちんと理解している人は何割くらいいるのでしょうか。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告