仕事

司法書士事務所開業1年目,2年目の売り上げ、今後の展望は?(個人事業主)

とてもひさしぶりのブログ投稿です。気がつけばまた放置をしていました。

ブログを書きたい気持ちとは裏腹に次から次へとやらなければならないことが溢れており、ゆっくりブログと向き合う時間はありませんでした。

良いようにとらえると充実した日々を過ごしていたのかもしれませんが、忙しすぎたのでもう少し自分の時間を作れるようにコントロールしていきたいところです。

過去に経験のないような緊急事態宣言の中の開業は、私にとってとても波乱の一年でした。緊急事態宣言で生活様式が変わるとか言われてましたが、私はそれに独立開業がセットでした。

生活が本当に大きく変わった一年になりました。

今回は緊急事態宣言下に独立した司法書士がどれほどの売り上げを上げたのか、今後の展望についてなどを少し書いていきたいと思います。

独立1年目の売り上げ

まずは皆さんがもっとも興味のあるお金の話を少し書こうと思います。売り上げは独立を考えている方はもちろん司法書士試験勉強中の方も気になるところだと思います。

独立1年目の売り上げですが、なんと400万弱ありました。

月平均は30万円ちょっとといったところでした。

1ヶ月目はほとんど売り上げがなかった時はここまでいくとは思っていませんでした。

コロナ禍でなかなか営業活動ができなかったことを考えると上出来な数字だと思います。

独立2年目の売り上げ

2年目は1年目よりもさらに増え、700万円ほどでした。倍を目指していましたが、残念ながら少し届きませんでした。

ですが、個人的には2年目の数字としては大満足です。悪い数字ではないのですが、やっぱり1000万円の壁を超えていきたいと思っています。

数字が伸びたのは、やはり徐々にお客さんが増えていることが要因だと思います。思ってもいないような方にお仕事をお願いされることがあり、人の繋がりって大事だなと感じる1年でした。

今後の目標

今後の目標は売り上げ面というよりも、まずは仕事量をコントロールすることが大事だと思っています。今はその日生きるための単発のお仕事を受けていますが、今後はもう少し先を見据えた仕事もできればいいなと思っています。

いただいたお仕事はほとんど断らずに受けていたのですが、業務量的を捌く限界を感じたことと、先行きを考えると単発でお受けする仕事は減らしていくことでさらに仕事の幅を広げることが今の私にとっては重要なことです。

終わりに

3年目の若輩事務所でもなんとかご飯を食べていくことができていますが、今年は時間の使い方もコントロールすることも大事なことだとつくづく感じました。

売り上げもできれば1000万円達成できればいいなと思うのですが、ずっと駆け抜けてきた2年だったので今年1年は調整をしていこうと思っています。

売り上げももちろんですが、せっかく独立したのだから自分の時間を自由に作れることも目標にしていきたいですね。