アプリ

Microsoft Officeの永続ライセンス版よりもOffice365soloの方がお得な理由

独立にあたってMicrosoft Officeを準備しなければならなくなりました。 それまではMacではPagesやNumbersというWordやExcelのMac版Officeが無料でインストールされているので、そちらを使用していました。

使い心地もデザインもMac版Officeはすごくよかったのですが、仕事では使用できないので仕方がありません。

永続ライセンス版ではなく、Office 365 soloを契約

Officeでは昔ながらの永続ライセンスでいわゆる買い切り版と言われる『Microsoft  Office 2019』と月額、年額制で使用可能なサブスクリプション版の『Office 365 solo』があります。

私は今回はじめて月額で使用可能の『Office 365 solo』を契約してみましたが、驚くほどにいい商品でした。

使い方にもよるででしょうが、買い切り版よりも断然お得だと感じました。 ではなぜお得だと思ったのかを紹介して行こうと思います。

永続版との価格比較

まずは価格 Office2019の価格は32,784円です。パワーポイントも必要となる場合、38,284円となっています。 Mac版は若干安めの26,184円となっています。 Office365は月1,284円、年間12,984円となっています。

3年使用すれば、元が取れてしまうのに、なぜ『Office 365 solo』がおすすめなのでしょうか。

1.常に最新版を使用することができる

『Office 365 solo』では買い切りとは異なり、常に最新版を使用します。 つまり、永続ライセンスだと『Office2019』の次の場合は新たなバージョンが発売された場合にバージョンアップすることはできません。

サポートも数年で切れてしまいます。『Office2016』『Office2019』は2025年10月14日で延長サポートも切れてしまいます。

2016と2019のどちらも同じ期限でサポートが終了するということをみると、Microsoftもサブスクリプション型への移行を促したいという気持ちが強いのでしょう。

ただ、ダウングレードできないようなので、そこは少し不安要素ありです。

2.インストールの台数が無制限(同時使用は5台まで)

二つ目にはインストールの台数制限がないということです。 しかもインストールはWindowsだけでなく、Macにもインストール可能です。

WindowsとMacを使用している私にとっては願ってもないことです。 台数制限もないため、自宅のパソコン全てに最新版をインストールしておくことも可能です。

ただ、規約上、複数人で一つのアカウントを使用するということは認められていません。ですが、一つの契約を共有することができるため、別アカウントを取得すれば、使用できないというわけではないようです。

『Microsoft Office 2019』だとライセンスは2つのみなので3台以上のPCにインストールしたいと思うと2個買わなければなりません。

3.OneDrive(オンラインストレージ)が1TB使用可能

3つ目はMicrosoftが提供しているOneDriveというオンラインストレージサービスが1TB利用可能となっていることです。 3つ目に書きましたが、実はこれが買い切りの商品とは最も差のあるところです。

オンラインストレージとは、Microsoftのサーバーにデータを預けられるサービスです。 OneDriveのアプリをパソコンやスマホにインストールしておけば、簡単にデータを出し入れすることが可能です。

Dropboxなどの他のオンラインストレージはどれも1TB年12000円以上ですので、オンラインストレージを使うだけでも元が取れてしまいます。

OneDriveにデータを保管しておけばいつでもスマホからでもデータを確認できるので、非常に重宝しています。 今後はオンラインストレージなどクラウドサービス使っていなかったら話にならないレベルになるのではないかと思います。

4.1ヶ月あたり60分スカイプの無料通話がついてくる

他のサービスと比較するとおまけのようなものなのですが、Skypeで1ヶ月あたり60分の通話が無料で利用できます。

最近はスカイプを使っていないので、あまり必要性は感じていないのですが、5分間のカケホーダイライトなどを契約している方はスカイプで事足りるかもしれませんね。

終わりに

現状では他社サービスと比較してもコスパ、質共に頭ひとつ抜けていると思います。

通常のコスト的には他のオンラインストレージサービスと同等で尚且つOfficeが付いていると考えると非常にコスパの良いサービスではないかと思います。

サービス内容の比較一覧も作りましたので、チェックして是非『Office 365 solo』も検討してみてください。

ちなみに現段階ではAmazonで少し安く買うことができます。