初めてクレジットカードを持つ人に知ってほしいこと

最近はキャッシュレスが進んで多くの人がクレジットカードを当たり前に使っています。僕も月に最低でも5万円程度はクレジットカードの請求がきます。

クレジットカードでの支払いはとても便利ですが、知識なく利用してしまうと破産にも繋がりかねないリスクの高い支払い方法です。

今回は初めてクレジットカードを持つという方に向けて僕が感じたクレジットカードの注意点を書いてみたいと思います。



お金という認識をしっかりもつ

クレジットカードは現金を目の前で動かすことなく買い物が出来てしまいます。

財布の中のお金を減らすことなく好きなものが手に入れられるので、まるでお金を生み出す魔法のカードのような錯覚にとらわれることがあります。

ですが、実際は支払期日まで支払いを猶予してくれるだけであって、お金を生み出しているわけではありません。しかも1ヶ月のまとまった請求が来るため、想像以上の金額が請求されてしまうことも少なくありません。

クレジットカードは数字だけでお金が動いてしまうため、現金での支払とは違ったお金の感覚が必要になります。いきなりなんでもかんでもクレジットカードを使うのではなく、徐々に慣れていく方が良いと思います。

浪費には使わない

クレジットカードは遊びや買い物など浪費につながることにはあまり利用しないほうがいいです。

僕もいまだに遊興費にはクレジットカードは使っていません。特に飲みに行った時などまともな判断能力がない状態であるときは、クレジットカードは使わないようにしています。

クレジットカードはいわば借金です。「借金してまでこんなもの買うか?」という自問自答をしてみると少しは抑制できると思います。

中にはポイントがつくからなんでもクレジットカードで払うという人もいるんですが、個人的にはあまりおススメは出来ません。支払期日に支払総額を把握できているのであれば問題はないのですが、ほとんどの人は1ヶ月の支払総額なんて把握できないと思います。

なんでも支払いはクレジットカードというクレジットカード大国のアメリカで多くの人がクレジットカードで破産していることを考えると支払いをクレジットカード払いに依存するのは賢い選択とはいい難いと思います。

一括払い限定で使用する

クレジットカードは支払いを複数に分けることができる分割払い、支払額を一定にすることで家計の負担を減らすことができるリボ払いなど、多数の支払い方法があります。

ですが、便利の裏には非常に怖い落とし穴があることも知っておいたほうがいいでしょう。分割払いやリボ払いの場合は利用した金額だけでな利息を支払う必要があります。

金利って意外と馬鹿になりません。特にリボ払いは返済額がなかなか減らなくて苦しんでいるという人が大勢います。1回に支払う利息だけ見ると大したことないと感じますが、総額で考えるとすごくもったいないことをしているとわかると思います。

クレジットカードの利息はすごく高い利息なので、少しお金の知識をつけていればもったいなくて使う気にならないのですが、まだお金の知識がないうちは、便利なものだと使ってしまうかもしれませんが、決しておすすめしません。

クレジットカード会社が頻繁にリボ払いなどの支払いを勧めてくるのは支払いが楽になるからではなくて、クレジットカード会社がたくさん儲かるからだということを理解しておきましょう。

まとめ

クレジットカードは上手に使えばとても便利なものです。僕も生活には欠かせない大事なアイテムの一つです。ですが、一つ間違えると非常に危険なものでもあります。

今回の内容は一見バカみたいなアドバイスに見えますが、クレジットカードが原因で破産する人が後を絶たないのも事実です。

初めてクレジットカードを持つ人は、付き合い方をよく理解して使用することをおすすめします。

最初からなんでもかんでもクレジットカードを使うのではなく、徐々にクレジットカードに慣れて使いこなせるようにしましょう。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告