転職をして感じたメリットとデメリット

今年に入ってから職場が変わりました。長年勤めた職場を辞めて、新たな環境に飛び込むことにしました。

いずれは独立を考えているのですが、その前にもう一つ違う職場を経験したかったというのが大きな要因です。

1日の半分を過ごす職場が変わるというのは生活をかなり大きく変える要因でもあります。実際に生活は大きく変化しました。

環境が大きく変わるというのはメリットはもちろんデメリットもたくさんありました。今回は転職によって得られたメリットとデメリットを書いていきたいと思います。



メリット

メリットと感じたことはざっくりとこんな感じです。

お給料が大幅に上がった

刺激が増えた

新しい人とたくさん出会えた

仕事の幅が広がった

同じ職業であっても職場を変えることで多くの経験を得られると感じました。では一つ一つどのようなメリットがあったのかを詳しく書いていきます。

お給料が大幅に上がった

もっとも大きく変化したのはお給料です。以前までは通常のサラリーマンとは比べものにならないくらいの安月給でしたが、お給料は大幅に伸びました。

資格手当と残業代がきちんと出るということで、お給料は転職しなければ上がらないだろうというくらいの伸び率です。

倍とまでは言いませんが、1.5倍以上は上がってます。同期の話を聞いても、給料面はかなり優遇されている事務所だと感じています。

お給料が上がると目に見えて生活が楽になりました。子供の習い事を不自由なく通わせられることは本当にありがたいです。

以前は情けないかな一つの習い事で限界でした。本当に苦しかったです。

刺激が増えた

以前の職場は基本的に決まりきった仕事をひたすらこなしていくというイメージでしたが、今の職場はめちゃくちゃ忙しくて次から次に仕事をこなしていかなければなりません。

しかも毎日のように新しいことを覚えていかなければならないので、とても刺激的です。

最近になってやっとブログも書く余裕が出てきましたが、当初は仕事のことで頭がいっぱいでした。

ちょっと刺激が強すぎて参ってしまいそうになりましたが、一つ山を超えたかなと思っています。

新しい人とたくさん出会えた

前の職場では出会える人の数が非常に限られていました。ほとんど同じ人と顔を合わせるばかりで、なかなか沢山の人と出会える機会はあまりありませんでした。

しかも補佐的な立場上、あまり積極的に話をさせてもらう機会もありませんでした。〇〇先生の補助者という立場でしかありませんでした。

個人を見てもらえない感じがして少しさみしかったですもんね。

今は一人の個として取り扱っていただいている気がします。積極的にいろいろな方とお話できるのは非常にありがたいことです。

仕事の幅が広がった

先程も書きましたが、現在の事務所は非常に業務量が多いです。業務量が多いということはそれだけ例外に触れる機会も多いです。

大変なこともたくさんありますが、以前の自分には許容範囲外で処理できなかったことにも対処できるようになっていると思います。

以前の事務所が断っているようなことも当たり前の用に引き受けているので、自然と仕事の幅は拡がっていきますね。

その分負担が大きいのですごくしんどいですが、確実に成長していることは実感としてあります。

デメリット

もちろんデメリットと思う面も多分にあります。転職は決していいことばかりではありません。まだ1年経っていませんが、やめようと何度思ったことか…。

デメリットと感じたことは以下の通り

人間関係が面倒

残業時間が大幅に増えた

社内ルールが面倒くさい

通勤時間が長くなった

人間関係が面倒

職場で最も大事なものは対人関係だと言っても過言はないと思います。多少仕事がきつかろうが、職場が楽しければやっていけると思います。

ですが、馬が合わない人と一緒になってしまうとなかなかつらいものです。同じグループ内ではありませんが、苦手はタイプがいます。

最初に苦手な人との距離感を間違えてしまったのはすごく失敗したなと思っています。

人との距離感ってすごく大事だなと思いました。

残業時間が大幅に増えた

残業時間は以前の事務所ではほとんどありませんでしたが、今は毎日2,3時間はしています。

帰りが遅くなってしまったので、毎日子供と話をする時間をとることができなくなってしまいました。

子供も少し寂しがっているのをみるとこの状態を続けることは良くないことなんじゃないかという気はしています。

できる限り早く帰るようにはしていますが、仕事量が多すぎてうまくいかないんですよね。

残業が増えたことで家のことを休みの日しかできないのも、とてもつらいところです。

社内ルールが面倒くさい

自分の場合、個人事務所から大手への転職だったので、社内ルールの多さにはとても参りました。

もともときちんと企業に就職をしたことがなかったので、大勢を取りまとめられるようなルールは非常に面倒だと感じてしまいます。

特に内部で管理するために必要な書類が非常に増えてしまっているということがすごく面倒くさいです。書き忘れるとこちらのミスとなることもストレスです。

誰がどの作業をいつやったのかを細かくメモを取る必要があったり、何をするにも上司の承諾印が必要だったり、個別の案件を見ていくと非常に非効率です。

前の職場に比べるととっさの判断は圧倒的に難しいです。

通勤時間が長くなった

職場が少し以前より遠くなってしまったこともデメリットの一つです。

満員電車での通勤はストレス以外の何者でもありません。いいところなんて1ミリもないです。

残業時間と相まって帰宅時間は大幅に遅くなっていることは大きなデメリットの一つと言えると思います。

家大好き人間なので、帰宅が遅くなるのは結構なストレスとなっています。

終わりに

結論を言うと、転職は今後の人生の大きなプラスになることは間違いないでしょう。

職場に働き方はよって大きく異なります。それが経験できただけでも転職は大きなプラスと言えるでしょう。

ですが、今の職場で一生を終えると言うことは全く考えられません。

以前の職場では思わなかったやめたいという感情も今の事務所ではちょくちょく顔を出します。裏を返せば一生の職場として考えているわけではないので、続けられているということも言えると思います。

生半可な気持ちで転職をしてしまうと後悔してしまうことは十分にありえると思いました。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告