ディズニーリゾートの価格と入場者数の推移

僕が大人になって始めてディズニーリゾートを訪れた時にとても感動しました。キャストの誰もが完璧なサービスを提供しているし、本当にディズニーは『夢の国』を提供しているんだなと思いました。長年愛されるのにはわけがありますね。

東京ディズニーランドが開業下のは1983年で、今から34年も前のことになります。最近でこそ過去最高を更新し続けているUSJに押され気味のような報道が増えたものの、長年テーマパークで不動の人気を獲得しています。

今回はそんな不動の人気を誇るディズニーリゾートの入場料の価格推移、入場者数の推移について調べてみました。



広さ

ディズニーランドは51万㎡、ディズニーシーは49万㎡となっており、2つ合わせると100万㎡にもなります。これは東京ドーム約21個分の広さになります。
よく比較されるUSJのパーク面積は47万㎡となっています。ディズニーリゾートの半分以下のの広さしかありません。

価格の推移

開業時の入場料は3900円でした。当時は大卒初任給が13万2000円程度ということでしたので、当時の物価を考えると今とさほど変わらない値段設定なのかなと思います。

初値上げはオープンして5年目の1987年のことです。300円の値上げを行っています。その後も4,5年に1度のペースで値上げをしており、現在では7400円となりました。

よく比較の対象となるUSJは2018年1月末から7900円と値上げすることを決めており、ディズニーリゾートも追随する可能性は十分にありえると思います。ただ、ここ数年は入場者数が減少傾向にあることからも、慎重な姿勢を取ることも十分に考えられます。

入場者数の推移

ディズニーランドの入場者数はオープン当初は1000万人に僅かに届かない993万3000人を記録しました。同一時期の大阪にあったエキスポランドの入場者数が150万人程度であることを見ると、いかに大きな数字であるかがわかると思います。1000万人を下回ったのは初年度のわずか1回のみでその後はうなぎのぼりで入場者数を伸ばしています。

2001年にはディズニーシーも誕生し、入場者数は年間2000万人を超える規模のテーマパークとなりました。

ディズニーリゾート30周年記念には入場者数は3100万人を超えました。開業して30年以上経った今でもなお、毎年日本人の人口の4分の1が訪れる衰え知らずの人気を誇っています。

総評

USJに押され気味を言われていますが、そもそもディズニーリゾートの人気がありすぎたんじゃないかと思います。

僕も以前に特別大きなイベントのない日ですら入場制限ではいることができなかった経験もあるくらい入場者数が多すぎる現状を少し変えていきたいと思っているんじゃないでしょうか。

これ以上人数が増えてしまうと楽しめなくなるレベルにまで入場者の数が増えていると思います。

ディズニーリゾートは入場者数を増やすことよりも顧客満足度を高めていくことに集中していってほしいですね。

参考URL

http://www.olc.co.jp/ja/tdr/guest.html

http://rojinekoseikatsu.com/post-3909/

https://maiyoko.com/2015/08/2672

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告